ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あの日の指輪を待つ君に

先日ちょっと触れたシャーリー・マクレーン主演の映画を観てきました。

予告編を観て、戦争で恋人を失ってしまった若き日の主人公の半生を描いた、よくあるパターンの映画かと勝手に思い込んでいたのですが、全然違いました。もっと奥深い内容で、現代の出来事をうまく織り込みつつ、最後は感動を誘う作りになっています。エンディングの主題歌もとてもよく、また主題歌を聞きながら涙してしまいました。

それにしてもかなりお年を召してしまったシャーリー・マクレーンですが、さすが大女優ですね。容姿はだいぶ衰えてしまってもいまだ眼光鋭く、視線の一つ一つですばらしい演技をしていたと思います。
また若き日の主人公を演じていた、ミーシャ・バートンもとても素敵でした。今後の出演作が楽しみですね。

公式ホームページを開くとエンディングに流れる主題歌の「Lost Without Your Love」をバックにかなり長い映画の映像が流れます。字幕のところには台詞ではなくて、主題歌の日本語訳が出ているので、映画の予告編というよりは、主題歌のプロモーションビデオのような感じですが、映画の魅力が十分伝わる内容になっているので、ぜひご覧になってみてください。

⇒ 公式ホームーページ

yubiwa_2_1b_convert_20080806180059.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/08/10(日) 07:46:19|
  2. 映画
  3. | コメント:0

近距離恋愛

久しぶりに映画ネタです。
親友の女性の花嫁付き添い人を依頼された主人公が、その親友に対する自分の気持ちに気が付き結婚を申し込もうとすると言う良くあるパターンのラブコメディです。ラブロマンスものかと思っていたのですが若干違いました。

映画のタイトルは原題とは全く違うものがつけられていますが、存在が近すぎてその大切さがわからなかった相手への気持ちに目覚める主人公の様子をうまく表現できていると思いました。
ちなみに原題は「Made of Honor」となっており、花嫁付添い人を表すの「Maid of Honor」を文字っているようですが、どのようなひねりが加えられているのか、ネイティブじゃないので残念ながらわかりません。
日本にはない花嫁付添い人等の結婚に関する習慣が面白おかしく描かれていて、少し欧米の文化の勉強にもなりました。

主演のパトリック・デンプシーは、海外医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」にも出演している俳優さんです。「グレイズ・アナトミー」からは、先日キャサリン・ハイグルが「幸せになるための27のドレス」に主演していましたね。映画の冒頭でパトリック・デンプシーが学生時代を演技しているのですが、その若作りして濃いヒゲを一生懸命隠したメイクを見て映画の内容とは関係なく爆笑してしまいました。

爆笑と言えば、ちょうど後ろの席に外人のグループが座っていたのですが、彼らが随所でとてもよく笑うので、それにつられてこちらもしょっちゅう馬鹿笑いをしてしまいました。おかげで観終わってとてもすっきりした気分になれました。
劇場で映画を観ると周りの人の反応に影響されることってありますよね。特に笑える内容の映画はついつられて一緒に笑ってしまいます。逆に悲しい映画のときの周りのすすり泣きには醒めた気分になってしまうことも多いのですが・・・。

ビデオで観るよりも劇場で見たほうが、きっと周りの観客と共に大笑いできて楽しいと思いますよ。特に外人が多く観に来るような映画館での鑑賞をお勧めします。

⇒ 公式ホームぺージ

kin_ren_1_1b_convert_20080726230655.jpg
  1. 2008/07/28(月) 07:13:09|
  2. 映画
  3. | コメント:0

西の魔女が死んだ

ちょっと目を引くタイトルですが、邦画のタイトルで、その意味は映画の最後にわかります。

主役の「魔女」であるおばあちゃんを演じているのはサチ・パーカーと言う女優さんです。とても落ち着いた清楚な感じで、また存在感もあり、映画の雰囲気にぴったりでした。映画館に張ってあった雑誌の映画紹介記事を読んだら、実は「愛と追憶の日々」のシャーリー・マクレーンの娘さんだと言うことがわかりました。シャーリー・マクレーンは来週から公開の「あの日の指輪を待つきみへ」 にも出演していますが、一体いくつになったのでしょうかね・・・?

映画ではほとんど山の中にあるおばあちゃんの家での出来事が描かれていますが、ロケが行われた環境がとても素敵です(セットかもしれませんが・・・)。先日まで青く広がる海でのんびりしてきたばかりなのですが、緑が生い茂る山でのんびりするのも良いなぁと思ってしまいました。

夏休みに遠出が出来ない方は、この映画を観てしばし癒されるのも良いかもしれません。

⇒ 公式ホームページ

nishinomajo.jpg

  1. 2008/07/14(月) 07:18:12|
  2. 映画
  3. | コメント:0

ノーカントリー

こちらも本年度のアカデミー賞受賞作、作品賞・監督賞・助演男優賞・脚色賞の4部門獲得です。ずっと見逃していた作品なのですが、株主優待券が使える劇場にムーブオーバーしてきたので、時間作って見てきました。

監督は、「ファーゴ」などで有名なコーエン兄弟です。一風変わった雰囲気の映画が多いですよね。本作もかなり変わった雰囲気の映画になっています。決してカップル等で観に行っても楽しめる内容ではありません。

映画が始まると、とにかく助演男優賞を受賞したバビエル・バルデムの演技にばかり目が行ってしまいます。まるで不死身のターミネーターと言う感じです。
とにかく殺しまくります。まったく情け容赦ありません。殺す理由も観ている側には良くわからないことが多いようです。とにかく目的を果たすまでは止まれない暴走機関車のようです。使っている凶器がまた斬新で、実際に使われたことがある装置なのかどうかが気になってしまいました。

主演は一応、トミー・リー・ジョーンズと言うことになっているのですが、作品中の存在はそんなに大きくありません。もう少しストーリーに絡んで来ても良いように思ったのですが、監督の意図するところは何だったのでしょうか・・・?

公式ホームページによると来月8月にはもうDVDがリリースされるようです。映画としてはアカデミー賞を取るような内容の作品でも、興行的にはいまいちだったのでしょうか・・・。まぁ万人受けする内容の作品ではないですからね。

⇒ 公式ホームページ

nocountry_1_1b_convert_20080704150242.jpg
  1. 2008/07/07(月) 07:18:56|
  2. 映画
  3. | コメント:0

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ダニエル・デイ=ルイスが本年のアカデミー主演男優賞を受賞した作品を観て来ました。
20世紀初頭のアメリカで油田を次々に掘り当てる主人公の欲望と苦悩を見事に演じきっています。アカデミー賞を受賞したのも納得の演技です。圧倒的な演技に引き込まれ、上映時間が2時間半とかなり長いにも関わらず、途中で時間が気になるようなことはありませんでした。
監督は、「マグノリア」や「ブギーナイツ」等で評価の高い、ポール・トーマス・アンダーソンなのですが、その評価の高いとされる両作品を個人的にはいまいち評価できないので、この映画についても個人的には評価があまり高くありません。とにかく主演のダニエル・デイ=ルイスが光りすぎと言う感じでしょうか。
あと、冒頭に流れる不協和音の旋律がどうもホラー映画のような感じがするのですが、映画の全編通して描かれている暗い雰囲気を象徴しているようにも思えました。
ところどころに目を覆いたくなるようなシーンが結構あるので、あまりカップルで観て楽しめるような映画ではありませんね。

⇒ 公式ホームページ

there_convert_20080624152659.jpg
  1. 2008/06/28(土) 07:04:42|
  2. 映画
  3. | コメント:0

ザ・マジック・アワー

三谷さんの脚本・監督の最新作、観て来ました。うーん、いつもながらの良く考えられている脚本&スピーディーな展開のストーリーに参りました。あっという間の2時間に大変満足しました。
たぶん、一度見ただけでは気が付かないような、いろいろな細かい部分にもこだわっているのでしょうね。それでも十分楽しめたのですが、三谷さんが映画の中に織り込んだすべてを理解できなかったのかと思うとちょっと悔しいですね。劇場だと巻き戻して確認とかできないので、DVD等になったらゆっくりと細かい演出を確認しながら、また別の観点で楽しみたいと思います。
公式ホームページ、映画観た後に内容を確認したのですが、プロダクション・ノーツとかいろいろ制作裏話のようなものがあって面白かったです。映画観る前に読んでおくと映画がより楽しめるかもしれません。
それにしても、三谷さん、テレビその他に出てきて宣伝しすぎですよね。そこまで宣伝しなくてもみんな見に来るんじゃないかと思うのですが、稼げるときに一気に稼ごうという感じなのでしょうか・・・。

⇒ 公式ホームページ

magichour_1_1b_convert_20080619213510.jpg
  1. 2008/06/21(土) 07:42:25|
  2. 映画
  3. | コメント:2

僕の彼女はサイボーグ

今年No.1映画が更新されました。
「僕の彼女はサイボーグ」。綾瀬はるか主演のSFチックなラブストーリーものです。映画好きな人ならタイトルからわかったかもしれませんが、この作品は「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」と同じ監督の作品です。
予告編を見て、きっと「猟奇的な彼女」のように楽しく笑えるラブコメディーなんだろうなと思っていたのですが、予想を裏切られ、見事に感動のツボにはまりしっかりと落とされました。途中から涙が止まりません。見終わって涙腺が枯渇して痛みを感じるほどでした。

ストーリー展開がとても考えられていて、前半かなり笑わされるシーンや突込みを入れたくなるシーンがあって、後半からじわじわと心に響く展開になっているため、きっとその落差で頭が混乱したのだと思います。
冷静に考えるとSFですから、実際にはありえない話なわけですし、不自然・不要に思えるシーンがいくつかありましたが、それでも良いのです。人の感動のツボはそれぞれです。とにかく上映中の2時間で、日常では味わうことの出来ないほどの刺激・感動をいただけました。
エンディングで流れるMisiaの主題歌も良かったですね。サビを聞くだけで涙が出るような条件反射が刷り込まれてしまいました。

公開期間中にスクリーンでもう一度見ようと久々に思える作品でした。今月中にまたスクリーンに足を運ぼうと思います。ちなみにこれまでの最多スクリーン鑑賞作品は、「タイタニック」の9回です。映画をスクリーンで見ることにはまったきっかけの一つでもあります。タイタニックもエンディングのセリーヌ・ディオンの主題歌で条件反射が刷り込まれしばらく大変だった記憶があります。タイタニックはサントラも良かったですね。ジェームズ・ホーナーの曲は、ワンパターンな感じもするのですが、シーンに合った感動的なフレーズが心に刻まれます。

ちなみに今年No.2にランクダウンした映画は「さよなら、いつかわかること」です。ジョン・キューザックの演技が切なくてたまりません。すでに公開終わっていますが、興味あったらビデオ等で観て下さい。こちらも感動作です。
(追加)
公式ホームページを確認したら、公開終わったのは東京・大阪等だけで、全国的にはこれから公開するところも多いようです。お近くで上映があるようでしたら、ぜひご覧になってください。

「僕の彼女はサイボーグ」公式ホームページ

CyborgShe.jpg
  1. 2008/06/11(水) 07:30:44|
  2. 映画
  3. | コメント:0

ナルニア国物語

本作品は第2章ということなのですが、前章見てません。予告編の映像に惹かれて見に行ってしまいました。惹かれた映像と言うのは、岩の洞窟越しの美しい海の映像です。どこかで見た風景だなぁと思っていたら、一昨年訪れたニュージーランドでロケを行ったとのことでした。海岸までだいぶ歩いた記憶がありますが、疲れなど吹き飛ぶほどの美しい景色でした。
確か「ロード・オブ・ザ・リング」もニュージーランドがロケ地でしたよね。映画の内容も似たような感じなので、ニュージーランドの自然がそのような世界観を表すのに適しているということなのでしょうか。

映画の内容は割愛しますが、一番小さい女の子(ジョージー・ヘンリー)の演技がとても凛としていて、小さいころのドリュー・バリモアを思い出してしまいました。大物になるかもしれません。彼女の今後の出演作に注目です。
あと、エンドロールを見ていて気が付いたのですが、ライオンのアスランの声を演じているのは、リーアム・ニーソンなんですね。映像を見ているときには全然気が付きませんでした。さすが名優、なりきってます。

原作は7巻まであるようなので、映画も7作品作られるのでしょうか・・・。「ハリー・ポッター」ではキャストがだんだん成長してしまい、少年・少女の役を演じるのに無理があるように感じているので、こちらも7作品も同じキャスティングで製作するのはちょっと難しいかもしれませんね。
実際、原作にあるかどうかわからないですが、次回作には年長の二人は登場しなさそうな振りがエンディングにありましたよ。

美しい映像と不思議な世界観に触れ、しばし現実逃避をしたい方におすすめです。

 ⇒公式ホームページ

narnia2_wp_800_convert_20080523093155.jpg
  1. 2008/05/31(土) 08:48:36|
  2. 映画
  3. | コメント:0

ネクスト

ニコラス・ケイジ主演のアクションもの(SFかも)を観て来ました。ちなみにその日は、「最高の人生の見つけ方」とのはしごです。映画のはしごは結構やりますよ。最高一日に5本見たこともあります。しかもシネコンではなく全部別の劇場で・・・。

主人公は、自分に関係する未来が2分間だけ見られると言う特殊能力を持ち、国内に持ち込まれた核爆弾の発見にその予知能力を利用しようとするFBIと、またそうはさせまいとする犯人グループに追われ、逃走劇を繰り広げます。予知能力を使って、危険を回避する様子がうまく描かれているのですが、どれが予知した未来で、どれが現実なのか頭がぐちゃぐちゃになってしまいます。でも最後はすっきりと言う感じで結構楽しめました。

自分にもし2分間先までの予知能力があったら・・・。それはもちろん、重要指標発表前にどちらにポジションを取るのかに役立てますね!ちょっとセコイですか?

あと、ニコラスの友人と言う設定で、刑事コロンボでおなじみのピーター・フォークがちょこっと出てきます。かなり歳を取りましたね・・・。

公式ホームページはこちら

適当な画像が見つからなかったので、アメリカの公式サイトから持ってきました。
nxt-wallpaper01-800_convert_20080519095606.jpg
  1. 2008/05/25(日) 08:06:07|
  2. 映画
  3. | コメント:0

潜水服は蝶の夢を見る

今週からライブ口座の売買履歴公開予定でしたが、ODLの追加口座開設が間に合わなかったので、今日は映画ネタです。新規口座じゃないんだから、もっと早く手続きしてくれたら良いのに・・・。

さて、この映画、変なタイトルですが、ある実話に基づいたフランス映画です。
有名女性ファッション雑誌の編集長として活躍していた主人公がある日突然、脳梗塞を起こし、かろうじて一命は取り留めたものの、身体の自由を完全に奪われます。唯一可能なのは、左目で瞬きをすること。この瞬きを使って外界とコミュニケーションを行い、自伝を書き上げると言うお話です。
タイトルの意味は、「たとえ身体は”潜水服”を着たように動かなくても、記憶と想像力で”蝶”のように自由に羽ばたく」ということのようです。
ストーリーとしては感動する内容のはずなのですが、映像美を追求したと思われる演出が気になってしまい、自分としてはあまり心が熱くなりませんでした。凝った演出よりもストレートでわかりやすい演出の方が好きなんです・・・というかきっと単純なんですね。
主人公のような症状はロックト・イン・シンドロームと言うらしいです。要するに意識はしっかりしているけど、外界とのコミュニケーションが取れなくなってしまい、精神が身体に閉じ込められているという状態ということですね。まったくコミュニケーションが取れなくなってしまうと植物状態ということになってしまうのだと思うのですが、こちらは完全にロックト・インされてしまうわけです。
主人公の場合は、まだ瞬きによって自分の意思を示すことができるのですが、もし瞬きさえも出来なかったら、考えていることが一切外に伝えられなかったら、自分ならどうするだろうか、また親がそうなってしまったらどのように対処するだろうかなどといろいろ考えてしまいました。
命の重さ、人生を如何に全うするかという重いテーマの映画が続いてしまいましたが、単純な娯楽映画もいっぱい観ていますよ。

公式ホームページはこちら

wallpaper01_1024_convert_20080518163705.jpg
  1. 2008/05/20(火) 07:09:20|
  2. 映画
  3. | コメント:0
次のページ

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。