ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ODL法人口座2

ブログネタがないのと、ちょっと気になったので、、「金融商品取引法上における弊害防止措置」について調べてみました。今は法令データ提供システムという便利なサイトがあるんですね。こちらで調べたら「金融商品取引法」にある以下の記載が確認できました。

うーん、法律は数学以上に苦手です・・・。これが一体、今回の法人口座開設の件にどのように関わってくるのかまったくわかりません。全般的にブローカーサイドの行為を規制をしているように読めるので、あまり顧客には関係ないようにも思えるのですが、最後の方にある「投資者の保護」と言うのがちょっと気になりますね。「投資者の保護」を行うために、法人に所属する個人の口座は閉鎖するということになるのでしょうか・・・?

どなたか法律に詳しい方がいらっしゃいましたら、どのような解釈の元、今回の措置が取られうるのか教えていただけないでしょうか?

=====================================
第三章 金融商品取引業者等
第二節 業務
第五款 弊害防止措置等

(二以上の種別の業務を行う場合の禁止行為)
第四十四条  金融商品取引業者等又はその役員若しくは使用人は、二以上の業務の種別(第二十九条の二第一項第五号に規定する業務の種別をいう。)に係る業務を行う場合には、次に掲げる行為をしてはならない。
一  投資助言業務に係る助言を受けた顧客が行う有価証券の売買その他の取引等に関する情報又は投資運用業に係る運用として行う有価証券の売買その他の取引等に関する情報を利用して、有価証券の売買その他の取引等の委託等(媒介、取次ぎ又は代理の申込みをいう。以下同じ。)を勧誘する行為
二  投資助言業務及び投資運用業以外の業務による利益を図るため、その行う投資助言業務に関して取引の方針、取引の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした助言を行い、又はその行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
三  前二号に掲げるもののほか、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるものとして内閣府令で定める行為
=====================================
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 07:16:26|
  2. 法人関係
  3. | コメント:2

ODL法人口座

法人を設立し、定款の目的にもFXのことを入れ込んでおいたので、ODLさんに法人口座を開設し、そちらでも自動売買させようと思い、法人口座開設の申込書類を取り寄せたところ、気になる注意書きがあるのに気が付きました。

======================================
 尚、金融商品取引法上における弊害防止措置を適用させていただくために
法人口座を開設される場合当該法人の役職員の方につきましては、事前に
個人用取引口座の閉鎖をさせていただくことになっておりますことを、予めご了承下さい。
======================================

これが無条件に適用されるということだと、これまでODLさんに開設している自分の口座とその追加口座(フォワードテスト用の口座)は閉鎖しなきゃいけないってことになってしまいますね。また他の役員をお願いしている人についても同様の対処が必要になるということだと、少なくとも一人はODLさんに口座を持っているので、ちょっといろいろと大変そうです・・・。

そもそも、「金融商品取引法上における弊害防止措置」ってどういうことなのか良くわからないので、ODLさんに問い合わせてみました。法人担当部署の人から後日連絡を頂くことになりましたが、なかなか返事が来ません。
先日、別件で問い合わせをした際に、この保留になっている件について再度確認したところ、数日後、下記内容のメールが届きました。

======================================
お世話になっております。本日はお問合わせ頂きありがとうございます。
お問い合わせ頂きました件につきまして、、弊社は金融商品取引法における
内部者取引、弊害防止措置等における規制に関連して法人口座と個人口座に
対しての「ファイアウォール」措置を設定しております。このため、個人口座を
開設している投資家様が役員等に就任している法人の口座を同時に開設する
ことに関しては個人口座の閉鎖を条件としております。尚、この件につきまして
は、これ以上のご質問に関しての回答は行いませんので予めご了承下さい。
======================================

うーん、結局、どういうことなんでしょう?要は「金融商品取引法」で規制されているから個人口座は閉鎖しないといけないってことなんでしょうか?詳細の説明がなく一方的なので、納得の行く説明を求めたいところなのですが、「尚、この件につきましては、これ以上のご質問に関しての回答は行いません」とあらかじめ釘を刺されてしまっています。
この説明内容で、みなさん十分理解・納得できると言うことなのでしょうか?それとも単にこの件について、ちゃんと理解していてわかりやすく説明できるスタッフが誰もいないということなのでしょうか?

法規制に伴う措置ならば、他の業者でも同様の対応が取られていると思うので、別の業者で法人口座開設を進めてみて、その中で詳しい話を聞いてみようと思います。

とにかく今回のODLさんの対応にはかなりガッカリしました・・・。
  1. 2008/06/29(日) 07:32:07|
  2. 法人関係
  3. | コメント:2

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ダニエル・デイ=ルイスが本年のアカデミー主演男優賞を受賞した作品を観て来ました。
20世紀初頭のアメリカで油田を次々に掘り当てる主人公の欲望と苦悩を見事に演じきっています。アカデミー賞を受賞したのも納得の演技です。圧倒的な演技に引き込まれ、上映時間が2時間半とかなり長いにも関わらず、途中で時間が気になるようなことはありませんでした。
監督は、「マグノリア」や「ブギーナイツ」等で評価の高い、ポール・トーマス・アンダーソンなのですが、その評価の高いとされる両作品を個人的にはいまいち評価できないので、この映画についても個人的には評価があまり高くありません。とにかく主演のダニエル・デイ=ルイスが光りすぎと言う感じでしょうか。
あと、冒頭に流れる不協和音の旋律がどうもホラー映画のような感じがするのですが、映画の全編通して描かれている暗い雰囲気を象徴しているようにも思えました。
ところどころに目を覆いたくなるようなシーンが結構あるので、あまりカップルで観て楽しめるような映画ではありませんね。

⇒ 公式ホームページ

there_convert_20080624152659.jpg
  1. 2008/06/28(土) 07:04:42|
  2. 映画
  3. | コメント:0

オプティマルf その4

昨日の記事の続きです。

数学的に最適とされるオプティマルfの考え方を用いて割り出したロットサイズと従来の一定の割合で決めたロットサイズが一致する理由ですが、実は答えは簡単で、両方のMoneyManagement機能でロットサイズを算出させている計算式から、「オプティマルf」での勝率とこれまでのRiskLevelとは簡単な一次関数で表せる比例の関係にあることがわかりました。関係式については省略しますが、両者の対応関係を一覧にすると以下のようになります。参考までにf値も記載しておきます。

勝率 (%)93.094.095.096.097.098.099.0
f値 (%)9.022.035.048.061.074.087.0
RiskLevel (%)5.012.219.426.733.941.148.3

RiskLevel (%)1.0 3.05.010.015.020.025.0
勝率 (%)92.4 92.793.093.794.495.195.8
f値 (%)1.85.49.018.027.036.045.0

オプティマルfの考え方を用いてMoneyManagementを行ってみたい方は、上記の一覧を参照してRiskLevelを設定してみてください。

フォワードテストを行っているライブ口座では、RiskLevelを5%としているのですが、結構慎重な設定になっているかもしれませんね。でもよく考えると、異なるEAを同時に動かしている場合は、ロット数が上がることによるリスクは高くなるので、実はもっと気をつけなければいけないのかもしれません。
  1. 2008/06/27(金) 07:45:27|
  2. オプティマルf
  3. | コメント:1

オプティマルf その3

先日の記事では、MoneyManagementとして「オプティマルf」の考え方をBN328に取り入れてバックテストを行った結果を紹介しましたが、これまでの余剰証拠金に対して一定の割合でロットサイズを決めるMoneyManagementとあまり変わらないような気がして、いろいろとバックテストを行って比較してみました。その結果、意外なことがわかったのでご紹介します。

こちらは先日も紹介した「オプティマルf」で勝率を93%としたときの結果です。
BN328-Optif-93.gif

こちらは、これまでのMoneyManagementの機能でRiskLevelを5%としたときの結果です。
BN328-Risk-5.gif

比較のために1月分だけ売買結果を掲載していますが、まったく同じ内容となっているのがわかります。数学的に最適とされる方法で割り出したロットサイズと一定の割合で決めたロットサイズが一致すると言うのはどういうことなのでしょう・・・?

続きは明日の記事にしたいと思います。
  1. 2008/06/26(木) 07:13:37|
  2. オプティマルf
  3. | コメント:0

FOMC

今夜はFOMCの政策金利発表がありますね。どのような内容の発表になるのかには、自動売買を始めてからはあまり気にならなくなっているのですが、発表前後に仕掛けを含め変な値動きになるのだけは避けて欲しいと思っています。

先日の記事に書いたように、FOMC当日の値動きはBNシリーズの成績にあまり影響を与えないようなので、フォワードテスト口座はそのまま稼動させようと思います。
でも、先週末から全体的に見ると負けることが多くなっているようですし、今日もBN328のポジションがなかなか決済されなかったなど、ここのところ調子が今ひとつのようなので、もし不安に思われるようでしたら、BNシリーズの稼動を止めておいた方が良いかもしれません。

さて、結果はどうなるか・・・とにかく変な値動きにならないことを祈りつつ、今日もまだ体調不良のため早めに就寝することにします・・・。
  1. 2008/06/25(水) 21:00:22|
  2. その他
  3. | コメント:0

ODLのプライスデータ問題2

以前の記事で、OLDのプライスデータについて、気配値とチャートデータのソースが異なると記載しましたが、情報に誤りがありました。どうやらこちらの問い合わせ内容をヒストリカルデータの話と勘違いして回答されたようです。ODLさんも他のブローカーと同様にチャートデータはODL自身のサーバから配信しているとのことです。

気配値とチャートデータがずれている理由については、別の可能性を説明されました。実は、ODLさんは日本向けに異なったスプレッドを提供しているとのことで、ODLジャパンで配信している気配値は、本国やアメリカのODLさんとは若干異なっているとのことです。チャートデータはグローバルで共通のものを使っているので、ODLジャパンの気配値とはずれることがあるとのことでした。

チャート上でEAで設定したリミットのプライスをまたいでも決済されない場合については、具体的な状況を提示してもらわないと原因が特定できないと言うことなので、先日のケースについてメールで送って原因を探ってもらうことになりました。

何だか最近、ODLさんの対応が以前より厳しくなったような気がします。電話で問い合わせしても、一通り定型と思われる内容を回答した後、それについて詳しい説明を求めると「これ以上は説明いたしかねます」と言うように突っぱねられるような感じを受けます。ただ単にこちらにわかるように説明して欲しいだけで、会社の秘匿情報まで開示しろとは言ってないのですが・・・。ユーザーがだんだん増えてきて個々の対応が難しくなってきているのでしょうか・・・?
  1. 2008/06/25(水) 07:52:26|
  2. 情報
  3. | コメント:0

通信回線不良

週末より体調を崩してしまい、昨夜は早くに寝てしまいました。メールのお返事等、対応が遅れてしまい、大変申し訳ありませんでした。

今朝、いつもより少し遅い4時過ぎに目が覚めてMT4の画面を確認すると、まだポジションを持っていないようだったので、ゆっくりと顔を洗ったりと身支度を整え、再びPCの前に戻ってくるとまだポジションを持っていません・・・。チャートの波形を見ると、ポジション建てても良さそうな感じなので、何かおかしいと直感が働きました。
週末PCを落としていたので、また「Allow live trading」のチェックが外れているのかと思い確認しましたが、それは問題ありません。
後は何が原因なんだ?と、寝すぎてボケボケな頭をたたき起こしつつ、いろいろとチェックしてみると、何と右下の通信状況を示している欄に「回線不通!」のメッセージが・・・!操作履歴の欄を確認すると、深夜1時ごろからそのような状態にあったようです。

いろいろ調べたところMT4関連の設定はすべて問題なかったのですが、無線LANの設定が何の理由かはわかりませんがリセットされていて、ネット接続自体が出来なくなっていたようです。急遽PCを再起動して問題は解決したのですが、勝手に無線LANって落ちることがあるのでしょうか・・・?
再起動する際に気が付いたのですが、どうやら昨夜Windowsのアップデートがあったようで、「再起動」ではなく「終了する」を選択するようなメッセージが表示されていました。それと無線LANの設定って何か関係あるのでしょうか?
このようなことが起きるなら、自動売買させているPCはルーターまでLANケーブルを延ばした方が良さそうですね・・・。ひょっとしてそれくらいのことは自動売買の際のPCの環境設定としては常識ですか?

そういうわけで、Live Statementsの口座の内容は、本日の4時台(サーバー時間23日19時)のポジションが記録されていない可能性があります。しかしBNシリーズをご利用のpkramsusさんのLive Statementsを確認したところ、幸い本日のポジションが記録されていないようなので、4時台は回線不通でも問題なかったようです。

(追記)
寝ぼけていて勘違いしていました。Live Statementsに記載の時間はサーバーの時間なので、本日24日4時台というのは、サーバー時間23日19時台ということになります。pkramsusさんのLive Statementsを再度確認したところ、23日19時のBN328(EURUSD)のポジションがありました・・・。しかもすでに決済済みです。1勝を逃してしまったようです。残念。
  1. 2008/06/24(火) 05:17:47|
  2. その他
  3. | コメント:2

フォワードテスト

フォワードテストを始めて、ちょうど1ヶ月がたちました。Live Statementsをご覧になっていただければわかるように、あともう少しで収益月20%と言うところで痛恨の3連敗を喫してしまい、結局月10%弱の収益となってしまいました。大変残念です。
一月で97戦92勝5敗ですか・・・勝率95%に行きませんでしたね。BN531は途中から運用に加えたので、一月単位で考えるともう少しパフォーマンスは良くなったかもしれません。あ、でも最後に足を引っ張ったのはこのBN531でしたから、逆だったかもしれませんね。期待の新人に裏切られた気分です。

運用開始からちょうど1ヶ月経過と言うことで今回は記事にしましたが、集計期間が中途半端になってしまうので、今後はフォワードテストの結果についてもバックテストと同様に月単位の結果を集計し、記事にしたいと思います。こちらはヒストリカルデータの更新を待たなくて良いので、月初にすぐ結果がまとめられると思います。

実は、収益が月20%近くになってきたのを見て、来週からRiskPercentを少しあげようかと思っていたのですが、直前に3連敗によりストップがかかりました。これは調子に乗るなと言う警告かもしれませんね。大いに反省して、この口座はEAの追加・変更をする以外はパラメーター等はいじらないようにしたいと思います。

それにしても3連敗の衝撃は大きいですね。半月分の収益が吹き飛んでしまいました。でも半月分と言っても自分自身は何もトレードを行っていないので、単に運用期間を損した程度にしか感じなくて済むのが自動売買の良いところかもしれませんね。これが裁量トレードだったら、もっと精神的にも体力的にもガックリ来ていたと思います。

このような連敗はいつまた突然やってくるかわからないので、EAご利用者の方々、特にBNシリーズを併用されている方々は、くれぐれも資金管理、レバレッジコントロールはしっかりとお願いしたいと思います。
  1. 2008/06/23(月) 07:44:08|
  2. フォワードテスト
  3. | コメント:2

法人設立

改良したEAの成績をブログ上で紹介したことから、いつの間にかそのEAの提供に対し、寄付や寸志と言うことではなく、ちゃんとした対価を受け取るようになりました。

以前、掲示板の方でブログに特定商取引法に基づく記載はしないのかというご意見がありましたが、EAの対価としてそれなりの金額を受け取っているからには、ちゃんと法規制に則った体制を整えておかないといけないなと思いつつも、こちらのブログではあくまでも改良したEAのパフォーマンスの紹介やMT4に関係する内容を中心にして、ブログ上ではEAを販売するような形にはしたくありませんでした。

かと言って、EA販売のために新たなサイトを立ち上げるだけの知識・ノウハウもないのでどうしようか困っていたところ、FC2さんのサービスにショッピングカートというものがあることを知りました。このサービスを利用すると誰でも簡単にWEBショップを開設できるようになっています。それを利用させていただいて、「ぼなんさのEAショップ」というWEBショップを立ち上げ、EAの販売はこちらのサイトの方で行うことにしました。

また同時に個人事業主としての手続きをしようと思っていたところ、個人事業主になるくらいなら、法人を立ち上げてはどうかという提案を頂きました。実は以前から、一度法人を設立してみたいと思っていたので、いろいろと調べて必要書類を作成し、電子定款の作成にも自分自身でチャレンジして、先日ようやく法人登記を済ませ、「ぼなんさインベストメント株式会社」を設立しました。

法人を設立したからといって、ブログの内容が何か変わるわけではありませんが、趣味の延長として始めたEAの改良及びその提供が、小さいながらも正式にビジネスと言うことになったので、気持ちを新たにして、今後は会社の製品としてのEAの性能を高め、ラインアップを充実させるべく、コツコツとEAを改良していこうと思いました。

至らないところがまだまだいろいろとあると思いますが、今後ともよろしくお願いします。
  1. 2008/06/22(日) 07:13:04|
  2. 法人関係
  3. | コメント:2
次のページ

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。