ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BN728 2008年6月の成績

BN728の2008年6月までのバックテスト結果を月次報告の形で紹介します。
他のBNシリーズと同様に取引回数と共に負けトレード数を記載します。

月に1回負けるか負けないかというペースのようですね。来週よりフォワードテストに組み込みますが、来月以降もこの調子で取引してくれたらと思います。

Results (Jan-Jun 2008; MM=off; Lot=1.0 fixed)
BN728-2008-6.gif


BN728 (USDCHF)
Testing PeriodLost/Total TradesProfit FactorProfit trades (%)
January1/171.4094.12
February1/252.0696.00
March0/24---100.00
April1/383.1697.37
May0/20---100.00
June1/211.9695.24
(-6/30)


20084/1453.1697.24
1999-200895/62116.1198.47

スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 07:54:11|
  2.  USDCHF
  3. | コメント:0

BN728

BNシリーズ第5弾の仕様を固めました。通貨ペアはUSDCHFです。
やはり2006年前後でのデータの質が違うようで、どうしても2006年以降のパフォーマンスが今ひとつ伸びません。でも何とか他のBNシリーズと同等のパフォーマンスが得られる程度まで改良できたと思っています。
ちょうど月の変わり目でもありますし、来週頭からフォワードテストのラインアップに加え、実戦でのパフォーマンスを検証しようと思います。
2008年のバックテスト結果は、月次報告の形で後日紹介します。

Results (1999-2007; MM=off; Lot=1.0 fixed)
BN728.gif

Testing PeriodTotal TradesProfit FactorProfit trades (%)
1999-200760656.2898.50
19991932.8296.37
20004495.9798.22
20018246.1798.30
200285511.5199.06
2003127317.5499.37
2004122119.3499.51
20055974.7698.16
20064142.0495.89
20072391.4194.14
  1. 2008/07/30(水) 07:18:39|
  2.  USDCHF
  3. | コメント:0

バージョンアップ

近日中に有償配布済みのEAについて、バージョンアップを行う予定です。
可変パラメーターをいくつか追加し、より使い勝手が良いように変更を施しましたが、Fitted_to_ODL=trueとした時にのみ動作するものが多いので、ODL以外のブローカーでお使いの方にはあまり関係ないかもしれません。

・TemporalTP追加
Fitted_to_ODL=trueのときのみ動作します。ODLにおいて、リミット幅が5pipsよりも大きいためにオーダー時に固定リミットが置けないことに対応して一時的に置くリミット値です。任意の値を設定することが可能ですが、オーダーが通る最小値以下を指定した場合は、最小値が設定されるようになっています。
最小値はMT4起動時にサーバから取得したデータより算出していますので、何らかの理由でブローカーの設定値が変わってもMT4を再起動することにより自動的に対応できるようになっています。
現在のところ、ODLではこの最小値は8になっていますが、USDJPYではスプレッド縮小に伴い、9に変更になっているようです。
なお、バージョンアップ前はこの値が10になるように設定されていました(正しくはTakeProfitで指定した値の2倍の値)。

・TPadjustment追加
Fitted_to_ODL=trueのときのみ動作します。このパラメーターをtrueにすると、ポジションを持った後にプライスが逆方向に進んだ場合にリミットの値をTakeProfitで指定した値まで変更します。ODLにおいてもより確実にTakeProfitで指定した値でリミット約定するようになると思われます。

・ポジションのロットの最小単位をサーバより自動取得するようにし、1.2ロット固定で売買させたいような場合の不便に対応しました。

可変パラメーターが増えたために多少混乱はあるかもしれませんが、より安心して使えるような改良をしたつもりです。
バージョンアップ前と同じ設定環境で売買させたい場合は、TemporalTP=10(TakeProfit=5の場合)、TPadjustment=falseとしてお使いください。
  1. 2008/07/29(火) 07:13:53|
  2. 開発方針
  3. | コメント:4

近距離恋愛

久しぶりに映画ネタです。
親友の女性の花嫁付き添い人を依頼された主人公が、その親友に対する自分の気持ちに気が付き結婚を申し込もうとすると言う良くあるパターンのラブコメディです。ラブロマンスものかと思っていたのですが若干違いました。

映画のタイトルは原題とは全く違うものがつけられていますが、存在が近すぎてその大切さがわからなかった相手への気持ちに目覚める主人公の様子をうまく表現できていると思いました。
ちなみに原題は「Made of Honor」となっており、花嫁付添い人を表すの「Maid of Honor」を文字っているようですが、どのようなひねりが加えられているのか、ネイティブじゃないので残念ながらわかりません。
日本にはない花嫁付添い人等の結婚に関する習慣が面白おかしく描かれていて、少し欧米の文化の勉強にもなりました。

主演のパトリック・デンプシーは、海外医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」にも出演している俳優さんです。「グレイズ・アナトミー」からは、先日キャサリン・ハイグルが「幸せになるための27のドレス」に主演していましたね。映画の冒頭でパトリック・デンプシーが学生時代を演技しているのですが、その若作りして濃いヒゲを一生懸命隠したメイクを見て映画の内容とは関係なく爆笑してしまいました。

爆笑と言えば、ちょうど後ろの席に外人のグループが座っていたのですが、彼らが随所でとてもよく笑うので、それにつられてこちらもしょっちゅう馬鹿笑いをしてしまいました。おかげで観終わってとてもすっきりした気分になれました。
劇場で映画を観ると周りの人の反応に影響されることってありますよね。特に笑える内容の映画はついつられて一緒に笑ってしまいます。逆に悲しい映画のときの周りのすすり泣きには醒めた気分になってしまうことも多いのですが・・・。

ビデオで観るよりも劇場で見たほうが、きっと周りの観客と共に大笑いできて楽しいと思いますよ。特に外人が多く観に来るような映画館での鑑賞をお勧めします。

⇒ 公式ホームぺージ

kin_ren_1_1b_convert_20080726230655.jpg
  1. 2008/07/28(月) 07:13:09|
  2. 映画
  3. | コメント:0

ストップロス設定検証-BN531(EURCHF)

BN531(EURCHF)についてストップロスの検証結果を紹介します。
検証期間は2007年1月~2008年6月の1年半としました。

検証結果を損益(Balance)そしてProfitFactorでグラフ表示させるとそれぞれ以下のようになります。グラフのピークになるところの情報を表示させていますが、初期設定のSL=60ではピークを外してしまっていて、むしろその前後によりパフォーマンスが良いSLの値があることがわかります。SL=105のあたりに高いピークがあり、SL=150をさらに越えるところにまたピークがありそうな感じです。
EURCHF-BL.png
EURCHF-PF.png

それぞれの設定における収益曲線を示します。ちょうど中央あたりで発生している連続した負けトレードはSLを150まで大きくしても回避できないようですね。SL=150としても負けトレードが回避できない場合には、SL=70の場合に比べ2倍以上のドローダウンになってしまうことが良くわかります。
EURCHF-SL70.png
EURCHF-SL105.png
EURCHF-SL150.png
  1. 2008/07/27(日) 07:23:14|
  2.  EURCHF
  3. | コメント:2

ストップロス設定検証-BN430(EURJPY)

BN430(EURJPY)についてストップロスの検証結果を紹介します。
検証期間は2007年1月~2008年6月の1年半としました。

検証結果を損益(Balance)そしてProfitFactorでグラフ表示させるとそれぞれ以下のようになります。グラフのピークになるところの情報を表示させていますが、初期設定のSL=60の他にSL=85のところにほぼ同等のピークがあることがわかります。
EURJPY-BL.png
EURJPY-PF.png

それぞれの収益曲線を示しますが、ほぼ同等の損益そしてProfitFactorを示していても収益の伸び方はかなり違いますね。一見、SL=85の方が負けが少ない分、収益が安定しているようにも見えますが、結果がほぼ同じというのは興味深い結果です。
SLを狭くしてちょこちょこ負ける方が良いのか、SLを広めにとって負ける頻度は下がるけど負けるときは失う額も大きい方が良いのか、それぞれにとってより精神的負担が少ない設定を選ぶと言う方法もアリかもしれません。
EURJPY-SL60.png
EURJPY-SL85.png
  1. 2008/07/26(土) 07:22:49|
  2.  EURJPY
  3. | コメント:0

ストップロス設定検証-BN323(USDJPY)

BN323(USDJPY)についてストップロスの検証結果を紹介します。
検証期間は2007年1月~2008年6月の1年半としました。

検証結果を損益(Balance)そしてProfitFactorでグラフ表示させるとそれぞれ以下のようになります。グラフのピークになるところの情報を表示させていますが、初期設定のSL=60よりもSLを95以上の値にした方が、収益・ProfotFactorともに良い結果が得られることがわかります。
特にProfitFactorについては、SL=145とすると急激なパフォーマンスの改善が見られます。
USDJPY-BL.png
USDJPY-PF.png

以下にそれぞれのピークのセッティングでバックテストした際の収益グラフを掲載します。ストップの設定を大きくすると2007年のパフォーマンスが停滞する時期の負けトレードをだいぶ回避できることがわかります。
またSL=145とするとこの1年半では2敗しかしないということになりますね。一度のロスカットは初期設定の2倍以上とだいぶ大きくなりますが、負けトレード数が半分以下になるのなら長期的に見た場合には十分カバーできる設定なのかもしれません。
USDJPY-SL60.png
USDJPY-SL120.png
USDJPY-SL145.png
  1. 2008/07/25(金) 07:22:26|
  2.  USDJPY
  3. | コメント:3

ストップロス設定検証-BN328(EURUSD)

BN328(EURUSD)についてストップロスの検証結果を紹介します。
検証期間は2007年1月~2008年6月の1年半としました。

検証結果を損益そしてProfitFactorでグラフ表示させるとそれぞれ以下のようになります。グラフのピークになるところの情報を表示させていますが、初期設定のSL=60よりもSL=95とした方が、収益・ProfotFactorともに良い結果が得られることがわかります。
あと、SL=95ほどではありませんが、SL=135としたところにもピークがあり、SL=60よりは良い結果が得られています。データに基づいた結果とはいえ、ストップをここまで大きくするのにはちょっと抵抗がありますね。
EURUSD-BL.png
EURUSD-PF.png

今回は、間隔を「5」として検証していますが、さらに詳細に検討したい場合は、検証範囲をそれぞれのピークが入るように狭めて(例えば90~100)、間隔を「1」にしてテストしてみると良いと思います。

それぞれのセッティングでのバックテスト結果を調べてみたい場合は、「Optimization Results」の該当するセッティングの行をダブルクリックするとそのパラメーター設定が「Expert Properties」のパラメーターとして自動入力されるので、そのまま検証を実行することが出来ます。
EURUSD-Select.png

以下にそれぞれのピークのセッティングでバックテストした際の収益グラフを掲載します。ストップの設定が大きくなればそれだけ負けトレードが減るので安定したグラフになりますが、その分一度のストップで発生するドローダウンは大きくなっていますね。
EURUSD-SL60a.png
EURUSD-SL95a.png
EURUSD-SL135a.png

あくまでもここ1年半に限って検証してみた結果ですので、今後どうなるかはわかりませんが、先日のようにもう少しストップを深くしておけば・・・と言うケースは少しは救われるかもしれませんね。その辺はストップにかかって一度に損切りする金額が増えることとのバランスで考えていただければと思います。
  1. 2008/07/24(木) 07:30:12|
  2.  EURUSD
  3. | コメント:0

ストップロス設定-検証方法

ストップロスの設定値について、最近のデータのみを用いて検証してみようと思います。
せっかくなので、ストラテジーテスターを用いてバックテストし、パラメーターの最適値を探る方法を紹介します。

通常のバックテストと違うところは、テスターのセッティングの画面の中央右の「Optimization」にチェックを入れて実行すると言う点です。
SLSettings1.png

さらに右上の「Expert properties」の画面を開き「パラメーターの入力」で検証したいパラメータにチェックを入れ、検証する数値の範囲等を入力します。今回は「StopLoss」について、その値を「10」から「150」まで間隔を「5」として検証してみます。
この検証間隔を指定する「ステップ」の値は、パラメーターの最小単位で設定できるので、「1」にすることも可能ですが、そうすると検証にかかる時間が長くなってしまうので、取りあえずはざっくりと間隔をあけて傾向を見て、後で検証範囲を狭めて詳細に検討するようにした方が良いと思います。
SLSettings2.png

設定が完了したらスタートボタンを押して、MT4に検証させます。検証結果は「Optimization Rasults」の欄で確認できます。一番上の「損益」や「Profit factor」の項目を選択するとその項目で結果を並べ替えてくれます。
どのようなパラメーターの値の結果かということについては、一番右の「パラメーターの入力」と言う欄で確認できます。損益の順番で表示させていますが、初期設定の「StopLoss=60」での結果はだいぶ下の方にありますね。すなわち同じ期間でももっと収益が上がる設定があったと言うことになります。
SLSettings3.png

「Optimization Graph」の欄を表示させると結果をグラフで確認することも出来ます。グラフ上にカーソルを当てるとそのポイントのパラーメータの値と結果が表示されます。今回は先ほどの結果一覧の「損益」に該当する「Balance」で結果を表示させています。
SLSettings4a.png

グラフに「Profit factor」で結果を表示させたい場合は、「セッティング」で「Expert properties」の画面をを表示させ、「Testing」の欄の「Optimized parameter」で「Profit Factor」を選択してもう一度検証をしてください。メモリー内部に先ほどの検証結果が残っている場合はすぐに検証が終わります。
SLSettings5.png

再度「Optimization Graph」の欄を表示させると今度は縦軸が「Profit factor」になっているのがわかると思います。収益だけでなくProfitFactorでも初期設定よりも良い結果が出る設定があるのがわかりますね。
SLSettings6.png

各通貨ペアでの検証結果については明日以降に紹介したいと思います。
  1. 2008/07/23(水) 07:30:55|
  2. ストップロス設定
  3. | コメント:5

ODLスプレッド1pip~キャンペーン

本日7/22の9:00よりUSDJPYのスプレッドを1pip~と言うことにするそうです。
一応、期間限定のキャンペーンと言うことで、9月末までの約2ヶ月間の実施になるようです。
詳しくは、OLDさんのホームページのキャンペーンの欄を参照してください。
・・・詳しくは、と言ってもこれ以上の情報は全く記載されていないんですけどね・・・。

この1pipの差はEAのパフォーマンスにどの程度の影響があるでしょうかね?
リミットの設定をこれまで通りにしておけば、スプレッドが1pip狭くなった分、リミットで約定しやすくなり、その結果、次のポジションを持つ機会が増えることになるかもしれません。新たに持ったポジションがうまくリミットで約定されれば、取引回数が増えた分、トータルとしての収益があがることになるかもしれません。
また、スプレッドが1pip狭くなる分、リミットの設定をこれまでより1pip大きくしても、理論的にはEAの勝敗は変わらないはずですから、1勝に付き1pipのボーナスを得ることが出来ると言うことになるのでしょうか?

果たして最終的にどちらの設定がこのキャンペーンの恩恵を被ることが出来るのか・・・?

ちょっと興味があるので、売買履歴を公開している口座ではそのままの設定(前者の設定)にして、別稼動させているODLの口座ではリミットを6pips(後者の設定)にして運用してみようと思います。こちらの方は諸事情により売買履歴はリアルタイムで公開できませんが、後日Statementファイルの一部を抜粋して公開したいと思います。
結果については、9月頭に中間報告、10月頭に最終報告が出来たらと思いますので、お楽しみに。

(追記)
22日10時現在、常時と言うわけではないですが、だいたい1pipのスプレッドになっているようです。

        変更前          ⇒        変更後
気配値前 気配値後
  1. 2008/07/22(火) 07:17:16|
  2. 情報
  3. | コメント:6
次のページ

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。