ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「121証券」をググろうとすると・・・

Googleの検索ウィンドウにキーワードを入力すると、キーワードに+αした項目がずらっと自動的に表示されますよね。「検索クエリの候補」の表示という機能らしいですが、どのような基準で候補が表示されるのでしょうか?
検索の際の利便性や右側に件数が表示されることから考えると、やはり同じようなキーワードでの検索例とそのキーワードで検索された件数がどれだけあったのかを示しているのではないかと思われます。

そこで表題のとおり「121証券」と入力してみるとこのように表示されます(赤下線はこちらで追加)。

121-Google.png

検索候補として表示される項目の中では「121証券 出金」の件数がダントツに多いですね・・・。それだけこの項目で検索された人が多いと言うことなんでしょうかね・・・?
こんなキーワードでみなさんどんな情報をお探しなんでしょう?

お探しのものはこれですか?
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 07:02:43|
  2. 121証券関係
  3. | コメント:16

121証券 スプレッド1pip~は本当か?

掲示板の方に変動スプレッド採用後の121証券のスプレッドについて「事実と違う誤った現在は存在しないHPの表示はやめてもらいたい」という書き込みを頂きました。

確かに121証券のHPのトップページスプレッド一覧のページには、USDJPYとEURUSDのスプレッドが最低1pipであることが示されています。
でも変動スプレッドになってからスプレッドが1pipになっている状態って見たことないので、書き込みのようなご意見もごもっともという感じではあります。

あくまでも「最低1pip」なので、1pipよりも広がっていることもあるわけですが、どの程度の頻度でこの「最低1pip」のスプレッドが提示されているのか確認してみました。

5/18-5/23の一週間のUSDJPYとEURUSDのスプレッド推移を示します。すべてのTickごとにスプレッドをチェックし、5分毎に平均値・最大値・最小値を記録しました。

121-USDJPY-0518-.png

121-EURUSD-0518-.png

2pipsのラインの下に時々ちょろっと黄色い線がはみ出しているのがわかりますが、これがスプレッドが1pipのTickがあったことを示しています。どうやら1日に3,4回スプレッドが1pipとなる5分間があるようですね。
すべてのTickデータを記録しているわけではないので、その5分間の間に何回スプレッドが1pipとなったTickがあったのかはわからないのですが、その5分間の平均スプレッドが最低でも1.9pipsであることから、多くても5分間の総Tickの1割もないことが推察されます。恐らくはそのほとんどはほんの一瞬、1Tickだけということなのではないでしょうか?

これでは、スプレッドが1pipの瞬間を目にすることがなくても仕方ありません。でも確かにスプレッドが1pipである瞬間は存在するようなので、121証券が謳っているスプレッド「最低1pip」と言う表現はウソではありませんでした。
でもどうせなら一瞬だけスプレッドを「0」にしてしまって、「最低0pip」とした方が顧客の目を引くことができると思うのですが、さすがにそこまではやりすぎ、もしくは金融庁に目を付けられてしまうなどと思っているのでしょうか・・・?

続けて、5/22の24時間のスプレッド推移を表示します。

121-USDJPY-0522.png

121-EURUSD-0522.png

USDJPYで9時前に15pipsのスプレッドになっているところは、おそらくは先日の記事のストップ狩りのようなレートが出ていた時だと思われます。その他にも10pipsを越えている瞬間があったようですね。

EURUSDの9時過ぎに最大スプレッドが振り切れている時間がありますが、データを見ると20pipsと言う記録が残っていました。チャートを確認してみたのですが、USDJPYほど目立ったスパイクにはなっていませんでした。ひょっとしたらAsk値だけ大きく変動したのかもしれません。これが売りポジションに対するストップ狩りだとしたら、チャートには記録の残らないものとなりますね・・・。

USDJPYのスプレッドは日中は3-4pips、時々2pipsで極たまに1pipになる瞬間があり、夜中になると4-6pipsで時々10pips以上に拡大するので要注意と言う感じでしょうか。
EURUSDはUSDJPYに比べると大分変動が落ち着いているようで、日中は2-3pipsで極たまに1pipになる瞬間があり、夜中になるとたいてい4pipsで時々6pipsまで広がることありと言う感じですね。

あと、USDJPY、EURUSDともに6時過ぎに最低スプレッドが10pips程度に広がっている時間がありますが、恐らくは6:00-6:10のサーバメンテナンスのため取引が出来ない10分間の影響ではないかと思われます。
その他の日のデータも確認してみたところ、何故かその10分の間にスプレッドが広がり、6:30ごろまでスプレッドが広がったままになっていることが多いようです。

そもそも毎朝、10分間もサーバメンテナンスする必要なんてあるんですかね?約定遅延等が解消されるならとその対応を好意的に受け止めていましたが、結局また約定遅延が酷くなってきた状況からすると、毎朝のサーバメンテナンスは約定遅延解消にはほとんど役立っていないように思われます。

またまた穿った見方をすると、仮にレート操作等が行われているとしたら、操作によって生じたインターバンク等のレートとの乖離をリセットするためにその10分間が利用されているとも考えられなくはないですね・・・。もしくは乖離をリセットするためにサーバメンテナンスと称してとか・・・?

どうもここのところ、思考回路が負のスパイラルを描いてしまっていけません。天候がすぐれないせいでしょう、きっと。
  1. 2009/05/29(金) 07:09:52|
  2. 121証券関係
  3. | コメント:0

121証券のストップ狩り?

日本時間の22日朝8:47に見られたUSDJPYにおける121証券の独特な下ヒゲの記録です。

その下ヒゲが観測された時間帯(8:45-8:50)にスプレッドが15pipsになった瞬間があったようなので、何からの理由でBid値だけが突発的に下がった可能性も考えられましたが、この下ヒゲの長さはそれ以上の幅があるので、Ask値も一緒に下がったものと推察されます。

今のところ121証券のホームページには、この他のブローカーと大きく異なるレートについてのコメントは出ていないようです。相対取引なら何でもアリってことですかね?

このヒゲを狙ってうまくポジションを持つことが出来れば、絶好の取引が出来るようにも思われるのですが、残念ながらRequoteやOffQuoteが起こったり約定遅延が起こることにより、うまくポジションを持つことが出来ないようになっているみたいです・・・。

121証券(GMT+9)
USDJPY-121.png

ODL(GMT+0)
USDJPY-ODL.png

フォーチュン(GMT+0)
USDJPY-Fortune.png

FXDD(GMT+3)
USDJPY-FXDD.png

FxPro(GMT+3)
USDJPY-FxPro.png

FXCM(GMT-4)
USDJPY-FXCM.png
  1. 2009/05/28(木) 07:48:55|
  2. 121証券関係
  3. | コメント:0

さよなら121証券

変動スプレッドを採用してからだと思いますが、他のブローカーと比べてかなりレートが異なることが多いことから、レート操作をしているなどの噂が絶えない121証券ですが、ライブサーバとデモサーバを分離してから少しは安定したようにも思えた約定状況がまた不安定になっているようで、約定遅延が酷く、約定不成が頻発するようになってきました。

一時的なものかとしばらく様子見をしていましたが、一向に状況は改善せず、むしろ悪化してきたようで、はっきり言ってもうどうしようもない状況と思われます。

先週末にはUSDJPYのスプレッドが15pipsにまで開いていた記録が残っており、その際にストップ狩りとも思えるような他のブローカーには見られないヒゲが出ていました。
相対取引ですから、どのようなレートを提示するかはブローカーの自由と言えばそうなのかもしれませんが、やはり他のブローカーと大きく異なるレートと言うのは、何かしら意図的な操作があるとしか思えませんね。

また今年3月末時点での自己資本比率が150%を切っている状態であったようで、資金的に健全とは言いがたい状況に陥っているように思われます。

穿った見方をすれば、その苦しい資金繰りを改善すべく、レート操作を行って顧客に不利なレートを提示し、約定遅延などを発生させて顧客が不利な状況で取引するように仕組んで、顧客が利益を上げられないどころか損失を被る状況を作り出していたようにも思えなくもありません。

なお、121証券では信託保全を行っているものの、確か全額ではなく一部だけと言うことだったと思うので、万が一の際には預け入れた証拠金の一部しか戻ってこない可能性があります。
この点については、当初から懸念していたのですが、ここのところの121証券のなりふり構わない状態の数々を考慮すると、近日中に最悪のケースに陥る可能性も否定できないような気もしてきます。
単なる思い過ごしに終わってくれたらよいのですが・・・。

新たな国内MT4ブローカー、フォーチュン・キャピタルでのEAのパフォーマンスが今のところ安定しているようなので、121証券とはさよならして、全面的に引越ししようかと思います。
  1. 2009/05/27(水) 07:34:17|
  2. 121証券関係
  3. | コメント:2

myFxProが日本語対応に

FxProのユーザー用に用意されているサイト、myFxProがいつの間にか日本語に対応していました。サイトの内容もいつの間にか大分リニューアルされているようです。

myFxProのサイトの右上から表示言語を選択できるようになっているのですが、その選択肢に「日本語」が加わっています。

myFxPro-J.png

口座開設に関する手続きのページも日本語表記になっていますが、試しに日本語で入力してみたところエラーが表示されたので、入力はローマ字じゃないとダメなようです。

myFxPro-Registration.png

残念ながらFxPro本体のサイトはまだ日本語には対応していないようです。以前にサポートに確認した時にはページのレイアウト等が頻繁に変わるのでなかなか日本語への対応が進まないと言うことでした。

あと利便性の点で望みたいことは、入金が海外送金ではなくてFXCMのように円建ての国内送金、すなわり国内銀行振込みで行えるようになってくれることでしょうか・・・。
現在でもクレジットカードを使えば円建ての送金はできるようになっていますが、ひと月あたり30万円程度にしないとクレジットカードを止められてしまうことがあるので注意が必要です。
やはりまとまった金額の入金は銀行送金が便利だと思いますが、ドル建てで送金するとレートに上乗せされた為替手数料が馬鹿にならないですからね・・・。
  1. 2009/05/19(火) 07:52:11|
  2. FxPro関係
  3. | コメント:1

GN-USDCHF ライブパフォーマンス比較2

続いて変動スプレッド移行後4週間(4/12-5/8)のGN-USDCHFの結果です。

FN-USDCHFでは、変動スプレッド移行後のパフォーマンスが大幅に低下した結果となっていましたが、GN-USDCHFではそれほどではありません・・・。EAのロジックによって変動スプレッド移行による影響を受けやすかったりそうでなかったりするのでしょうか・・・?他の通貨ペアでもFNとGNでこのような差異が見られるのか確認してみないといけませんね。

FN-USDCHFの結果だけを見ると変動スプレッド導入に伴い、価格操作等の何かしらの手段を発動しているようにも思えなくもなかったのですが、必ずしもそれを示唆するような結果にはなっていないようです。

FXDDのパフォーマンスが安定しているようですが、やはりスプレッドが変動せず3pipsのままと言う条件が効いているのでしょうか・・・?

121証券
GN-USDCHF-121.png

ODL
GN-USDCHF-ODL.png

FxPro
GN-USDCHF-FxPro.png

FXDD
GN-USDCHF-FXDD.png

FXCM
GN-USDCHF-FXCM.png
  1. 2009/05/17(日) 07:17:57|
  2. GNシリーズ
  3. | コメント:3

GN-USDCHF ライブパフォーマンス比較

121証券の変動スプレッドへの移行前後での各種ブローカーでのライブパフォーマンスの比較をGN-USDCHFで行ってみました。

以下、変動スプレッド移行前4週間(3/16-4/10)の結果を0.1ロットの取引に換算したものです。
この時点では、121証券のスプレッドは2pipsに固定だったので、他のブローカーよりも良い結果になっていても良いようにも思いますが・・・。

121証券
GN-USDCHF-1212.png

ODL
GN-USDCHF-ODL2.png

FxPro
GN-USDCHF-FxPro2.png

FXDD
GN-USDCHF-FXDD2.png

FXCM
GN-USDCHF-FXCM2.png
  1. 2009/05/16(土) 07:15:45|
  2. GNシリーズ
  3. | コメント:0

121証券 変動スプレッド移行後のスプレッド推移

121証券の変動スプレッド移行後のUSDCHFのスプレッド推移を他のブローカーと比べてみました。
4/13-5/8の4週間のデータと、日本時間で5/7の一日分を抽出しました。

121証券のスプレッドが他のブローカーと比べて、格段に悪いと言うわけではなさそうです。FN-USDCHFのパフォーマンスの悪化の原因はスプレッド拡大の他に何かあるようにも思えます。

121証券
Spread-121.png

Spread-1212.png

ODL
Spread-ODL.png

Spread-ODL2.png

FxPro
Spread-FxPro.png

Spread-FxPro2.png

FXCM
Spread-FXCM.png

Spread-FXCM2.png

FXDD
Spread-FXDD.png
  1. 2009/05/15(金) 07:52:50|
  2. 121証券関係
  3. | コメント:3

FN-USDCHF ライブパフォーマンス比較2

今度は変動スプレッド移行後4週間(4/12-5/8)のFN-USDCHFの結果を0.1ロットの取引に換算してグラフにしてみました。

案の定、4/12以降の121証券のパフォーマンスが他のブローカーに比べて大分悪くなっているのがわかります。
負けトレードが記録されてしまっていることがパフォーマンス悪化に大きく寄与していますが、1勝あたりの収益性も大分低下しているのが、特に期間前半の結果よりわかります。

変動スプレッドになりスプレッドの値が広がったとはいえ、他のブローカーに比べてパフォーマンスがこれほどまでに悪化するほどのスプレッド拡大ではないと思います。
この間のスプレッドについて別記事にまとめて比較したいと思います。

121証券
FN-USDCHF-121.png

ODL
FN-USDCHF-ODL.png

FxPro
FN-USDCHF-FxPro.png

FXDD
FN-USDCHF-FXDD.png

FXCM
FN-USDCHF-FXCM.png

おまけにFOREX.comでの結果です。4月からの結果しかないので前の期間は集計できませんでした。
FN-USDCHF-FOREX.png
  1. 2009/05/14(木) 07:20:12|
  2. FNシリーズ
  3. | コメント:1

FN-USDCHF ライブパフォーマンス比較

121証券がライブ口座とデモ口座を分離して(3/30~)、変動スプレッドに移行して(4/12~)以降、EAのライブパフォーマンスが大分低下したような印象を受けます。

121証券と他のブローカーでの気配値に大幅な持続的な乖離が生じることが頻発しているようで、その現象を不正な価格操作だと指摘しているコメントを頂いたりしましたが、その真偽の程は良くわかりません。
121証券でのEAのパフォーマンスの低下の一番の要因は、変動スプレッドに移行したのに伴い、スプレッドの値が大分広がったことではないかと個人的には思っています。しかしながらこの変化がライブパフォーマンスにどの程度の影響を与えているのかを客観的に検証することは難しいと思います。

意味のある比較になっているかどうかわかりませんが、各種ブローカーでのライブパフォーマンスを比較してみて、変動スプレッドへの移行前後でブローカー間での違いに変化が見られるか調べてみました。

まずは変動スプレッド移行前4週間(3/16-4/10)のFN-USDCHFの結果を0.1ロットの取引に換算してグラフにしてみました。

121証券
FN-USDCHF-1212.png

ODL
FN-USDCHF-ODL2.png

FxPro
FN-USDCHF-FxPro2.png

FXDD
FN-USDCHF-FXDD2.png

FXCM
FN-USDCHF-FXCM2.png

変動スプレッド移行後のパフォーマンスは別記事にて紹介します。
  1. 2009/05/13(水) 10:57:37|
  2. FNシリーズ
  3. | コメント:0
次のページ

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。