ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フォーチュン社名変更 名実共にゲイングループに

国内3番目のMT4ブローカーとして登場したフォーチュン・キャピタルですが、7/1より社名を「ゲインキャピタル・ジャパン株式会社」に変更することになったようです。
これまでアメリカのゲインキャピタル社とは「包括的な資本提携」と言うことでしたが、これで名実共に同社の日本法人的な位置づけとなりました。資本提携というと聞こえは良いですが、要はいわゆるM&Aだったように思われます。

6月中旬より事務所を移転したのに伴い、カスタマーサポートの電話番号や、出金依頼の受付FAX番号などが変更になりましたが、そのタイミングで社名変更をせず、半月ずらして社名変更するメリットは良くわかりません。事務所移転も当初の予定より遅れたりしたようなので、もともとまったく別の事象として進行していたような気がするので、単に事務所移転手続きと社名変更の登記手続きのタイミングが合わなかっただけなのかもしれません。

社名変更に伴い、ホームページのURLや問い合わせメールアドレスなども変更になるのでしょうが、今のところ特にアナウンスはありません。まぁこちらは簡単に転送処理が出来るので特にアナウンスしたりせずにしばらくは新旧の両方が使用できるようにするのかもしれませんね。

レバレッジ規制導入により、体力のない日本国内のブローカーは今後ドンドン統廃合されて行くことが必須だと思いますが、その際に今回のフォーチュン・キャピタルのように海外の大手ブローカーにM&Aされて、日本市場への足がかりとされるのではないかと思います。
国内大手も外資系に負けないように新たな魅力あるサービスを積極的にガンガン導入して行ってほしいですね。もちろん個人的にはMT4が使えるようになってくれるのが一番ありがたいのですが・・・。
でも国内資本ならどこでもいいというわけじゃありませんよ。121証券のようなケースはもうこりごりなので、H証券とかGコムとか、また新規に参入してきたM証券あたりが導入を決めてくれることを期待しておきます。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 07:02:11|
  2. フォーチュン関係
  3. | コメント:1

スプレッド情報提供サイトが誕生?

変動スプレッドを導入しているブローカーを利用される方が増えてきているようで、スプレッドの変動の様子、特に使用しているEAの取引時間帯のスプレッドを確かめたいと言うことで、スプレッド表示&記録用のインディケーターのリクエストを何件か頂いております。

ブローカーのサイトに記載されているスプレッドと言うのはたいてい最小値でしかなく、指標発表時や市場の流動性が低下しているときには広がることもあるという断り書きが一応あるものの、どこまで広がることがあるのか、何時頃が市場の流動性が低下しているのかについては一切言及がありません。

サイトに記載のスプレッドの狭さに惹かれて口座開設したものの、EAの調子がいまひとつと言うことも多いようですが、その原因の一つとして、取引時間帯のスプレッドが記載の数値よりもかなり広がっていることが挙げられると思います。
特に日本時間の朝方のスプレッドは広がる傾向にあるようなので、この時間帯に取引をするタイプのEAにとっては、スプレッドの変動の様子を確認することは大変重要になってきます。

このような問題点に着目して、各種ブローカーのスプレッドの推移を計測し、随時サイト上で公開したいという方から、当方が計測・記録している手法について問い合わせがありました。測定すること自体はそんなに難しいことをやっているわけではないので、ソースを差し上げてどのような形で記録しているのか説明させていただきました。
以前にブログ上にも書きましたが、単にTickごとのスプレッドを測定し、一定の期間における平均値・最大値・最小値をチャート上に表示させると共にcsvファイルに落としているだけなんですけどね・・・。

サイトは現在作成中で、近日中に各社のスプレッド推移を掲載できるようにしたいということでしたが、当方で配布しているインディケーターをさらにカスタマイズしたものも配布してくれるようですよ。

ブローカー側がスプレッドの推移については一切情報を提供してくれないので、このようなサービスがあると非常に便利ですね。利用中のブローカーのスプレッド推移を確認する際にはもちろんのこと、自分がまだ口座を持っていないブローカーのスプレッドの情報を事前にチェックしたいような場合には重宝しそうな気がします。

そのサイトが立ち上がった際にはまた改めて紹介させていただこうかと思います。
  1. 2009/06/28(日) 10:33:34|
  2. 情報
  3. | コメント:4

FXCM サーバ時間の変更は延期

FXCMのサーバ時間の変更の件、勝手に一人で空回りしている感がありますが、FXCM NYのジャパンデスクに再度連絡して、担当部署に確認してもらったところ、サーバ時間の変更日時は延期になったということがわかりました。

新たな日程については、現在確認中ということなので、後日改めて連絡いただくことになりました。即答できないと言うことは要するに現段階では未定と言うことですかね?

それにしても、サーバ時間を変更するというメールを送っておいて、それを指定日時に実行しないと言うのはかなり酷いですね。何らかのトラブルがあったということも考えられますが、すでに実施のアナウンス済みなのですから、速やかに中止のアナウンスをしてほしかったと思います。

コメント欄に寄せられた情報によると、変更のアナウンスメールが届いていない人もいるようなので、ひょっとしたら、中止のアナウンスは送ったけど届いていない・・・という可能性もありますが、ジャパンデスクの方も中止になったことを知らなかったようなので、どうやら社外どころか社内にも伝達されてなかったようです。

FXCMはアメリカでの両建て禁止への対応で、状況が二転三転した経緯があるので、社内での情報共有や社外への情報伝達にかなりの不安を覚えていましたが、未だ状況は改善されていないようで今回もまたやらかしてしまったと言う感じですね・・・。一種の大企業病ということなんですかね?

いくら預かり資産が多く、企業としての信用もあるということを謳っていても、顧客への対応を疎かにしているとそのうちにダメなブローカーと言うレッテルを貼られてしまいますよ!
  1. 2009/06/24(水) 07:05:48|
  2. FXCM関係
  3. | コメント:0

注意! FXCMのサーバ時間の件

先日、今週よりFXCMのサーバ時間が変更になるという内容の記事を記載しましたが、日本時間6/22 15:00現在でも、サーバ時間の変更は行われていないようです。

どのような状況なのか、至急確認して改めてご報告させていただきますが、取引時間の設定の変更などを行う際には、ご自分のMT4の時間をご確認の上、行うようにしてください。

十分確認したつもりでしたが、混乱を招くような記事を掲載し、大変申し訳ありませんでした。
  1. 2009/06/22(月) 15:00:57|
  2. FXCM関係
  3. | コメント:3

FXCMのサーバ時間が変更

先日FXCMからメールが届いていたので、皆さんご存知かとは思いますが、6/20からMT4のサーバ時間がこれまでのEST(東部標準時)からUTC(協定世界時)に変更になります。

=====================================================
Effective Saturday, June 20, 2009, the server time on your FXCM MetaTrader 4 account will be changed from Eastern (EST) to Universal Time Coordinated (UTC).
=====================================================

実際の取引に影響するのは来週からと言うことになるので、サーバ時間によって異なる設定をする必要のあるEAをお使いの方は、この週末の間に設定を変更しなければなりません。

具体的には、現在はESTの夏時間、すなわちEDTなので、GMT-4と言う時間設定になっているところを、UTCすなわちGMT+0に変更することになるので、現在の設定値を+4した値に変更すればよいことになります。

なお、この変更はESTからの変更と言う内容からすると、従来のFXCM社のMT4(FXCM US)をお使いの方にのみ関係ある話で、すでにBT社のMT4(FXCM UK)に移行されている方は、BT社のMT4のサーバ時間(GMT+1)のままで大丈夫のように思うのですが、メールの発信元がFXCM UKなのがちょっと気になってます。

あと一つ心配なのは、ESTからUTCに変更と言うのはわかったけど、UTCに変更してもサマータイムシフトを行うのかどうかです。行うのなら現在はFXCM UKと同じくGMT+1と言うことになるので、時間設定の変更は+4ではなく+5しなければならなくなります・・・。これならFXCM USもUKと同じサーバ時間設定に変更になるということで、変更することに合理性を感じるのですが・・・。

週末の間もMT4サーバに繋がるのなら、どうなったのかすぐに確かめられるのですが、あいにくFXCM社のMT4サーバって週末は繋がらないんですよね・・・。念のため月曜日朝に実際にどうなっているのか確認した方が良さそうです。
  1. 2009/06/20(土) 07:35:01|
  2. FXCM関係
  3. | コメント:3

リーズナブルな国内WindowsVPS登場

自動売買を行う上で欠かせないのが、常時稼動させられる高性能PCと常時接続している高速インターネット環境ですが、すべて自前で揃えなくてもVPSサービスを利用することで、安価にそれらの環境を手に入れることが出来ます。

以前記事にしたように、SWVPSという会社のサービスを利用して、アメリカとイギリスにあるVPS上でほとんどの自動売買を行っています。
その記事でも触れましたが、これまでは国内のWindowsVPSサービスは安くても月額5000円程度と、海外のサービスに比べ3倍以上の費用がかかっていました。せめて2倍くらいの月額3000円程度で利用できる国内VPSサービスが始まらないかなと思っていたら、今月6/1より、使えるネットさんにてリーズナブルな利用料金でのWindowsVPSサービスが始まりました。

使えるねっと
レンタルサーバーなら使えるねっと

プランの種類やサービス内容やの詳細は、サイトの方を確認していただきたいのですが、最も安価なシルバープランなら自分の希望の月額3000円程度と言うのをギリギリ満たす、月額2980円で利用できます。サイトの見出しなどには、月額2480円~となっていますが、こちらの価格は2年分の契約をした際の割引が適用された月額相当料金のようですね。

メモリも256MBあるので、MT4を数個稼動させるだけなら十分だと思います。最近のPCの搭載メモリ容量がG(ギガ)単位になっているのに比べると、256MBってかなり少なくて心細くなりますが、MT4で自動売買を行うだけなら、全然問題ありません。
ちなみにサービスは異なるので単純な比較は出来ませんが、SWVPSの600MBのプランでMT4を14個(EAは計120ぐらい)稼動させてもメモリ使用量は6割ぐらいで済んでます。

また今月末6/30までは、サービス開始キャンペーン中と言うことで、通常5250円かかる初期設定費用が無料、そしてさらに1年以上の契約をする場合には、最大3カ月分が半額になるようです。

そして使えるねっとさんでは、30日お試し期間という制度を設けているので、とりあえず1ヶ月契約してみて、いろいろ試した末に今ひとつ便利に使えないと言う場合は、登録後30日間以内に解約すれば、全額を返済してくれるようです。
VPSってどんな感じかな?という興味半分で体験してみるのも良いと思います。開通してしまえば、リモートデスクトップを使って、自分のパソコンを操作しているのとほとんど変わらない環境になっているので、そんなに困ることもありませんよ。

また使えるねっとの何よりのメリットは日本語でのサポートが受けられることでしょうか。ライブチャットもあるので困ったことがあればリアルタイムで問い合わせできると思います。

使えるねっとのVPSの申し込みや設定、リモートデスクトップの設定の仕方などは、こちらのブログに詳しく書かれているので、参照してください。

⇒ お嬢さん、FXはおよしなさい

記事本体もいろいろと参考になるものが多いのですが、前フリの部分がいつも楽しいのでまめにチェックしてます。トレードに疲れたときや含み損を抱えている時などの気分転換に最適ですよ。

レンタルサーバーなら使えるねっと
  1. 2009/06/19(金) 07:08:16|
  2. VPS
  3. | コメント:2

スター・トレック

先日、映画館で「スター・トレック」を観てきました。やはりSFやアクションものは大きなスクリーンで大音響を体で感じながら観るのが良いですね。
スター・トレックがSF映画であることは知っていたのですが、これまでのエピソードとか登場人物とかほとんど知らずに観に行ったのですが、すごく楽しめました。

登場人物の一人にスポックという耳に特徴がある人物がいるのですが、バルカン星人と地球人のハーフなんですね。知りませんでした・・・。またバルカン星人と言う種族がどのような特徴がある種族なのかが良くわかりました。

何でこんな話をしているのかと言うと、前から時々チェックさせていただいている「バルカン☆トレード日記」と言うブログのオーナーのホームページ名が「TRADE LIKE A VULCAN」(バルカン星人のようにトレードする)となっているのですが、何で「Trade Like Mr. Spock」じゃないのかなと疑問に思っていたんです。でも、今回映画を観て、Like a Vulcanとしている意味がわかりました。

今回の記事を書くにあたり改めてサイトの方を訪れてみたら、ちゃんとその説明がありました
要するにバルカン人のように「自らの感情を封じ込め、自制心をもち論理的な決断により淡々とトレードを行っていく」ことを目指しているということなんですね。

確かにシステムトレードを行う上では、利益や損失に一喜一憂したり、相場の急変に慌てたりすることなく、淡々とルールどおりにトレードを繰り返すことが必要ですよね。
EAを稼動させることでこの「淡々とルールどおりにトレードを繰り返すこと」は十分可能となりましたが、まだまだ利益が上がれば嬉しくなり、逆に損をすれば落ち込むし、また相場の急変に出くわし含み損が増えていく状況ではハラハラして損切りするかどうか非常に悩みます。
まだまだナイトやマスターへの道のりは遠いパダワンですね・・・ってそれはSWでしたか・・・。

バルカン星人なら、121証券のような存在もあれこれしつこく相手にせずに、取り合うだけ時間の無駄とさっと切り捨てて新たなブローカーでのトレードに集中するのでしょうが、何とか一矢報いたいとあれこれとリベンジ計画(本社爆破とかじゃないですよ、念のため)を練ってしまう自分は、すでにダーク・サイドに落ちてしまってますかね・・・とまたまたSW。

それにしても121証券で何とかリベンジしようといろいろと試していますが、単に利益を上げようとEAを淡々と動かしていた時に比べると、かなり気合が入ってます。復讐心と言うのはすごい原動力をもたらすものですね・・・。
これまでのような手法では到底敵わないということがわかっているので、多少リスクを取ることになるのですが、今までリスクが高いと思って敬遠していた手法も扱いようによってはかなり機能することがわかってきました。
取りあえずは原資回復を目指して、その後は証拠金分の引出しを完了させて不測の事態への対応を済ませてから、後は淡々と失った利益分をきっちりと回収させていただきます。途中で返り討ちを喰らわないよう万全の防備体制で慎重にコツコツと臨みたいと思います。
  1. 2009/06/18(木) 07:37:50|
  2. その他
  3. | コメント:0

121証券 自己資本規制比率の推移

121証券の自己資本規制比率ですが、ホームページ上にはここ3ヶ月分の値しか記載されていませんが、ネット検索してみると更新されていないブローカー紹介のページなどに以前の情報がそのまま記載されているものがあり、その情報を参考に過去1年分のデータを集めることが出来ました。

併せて、関連があるかどうかわかりませんが、121証券のMT4関係のオフィシャルな出来事をピックアップして、該当する期日の備考欄に入れ込んでみました。

期日自己資本規制比率(%)備考
2008年6月末198.3
2008年9月末191.6MT4導入(7/15~)
2008年12月末224.4スプレッド縮小(11/10~)、EURCHF・EURGBP廃止(12/1~)
2009年3月末148.7GBPCHFスプレッド拡大(2/23~)、デモサーバ分離(3/30~)
2009年4月末193.5変動スプレッド採用(4/13~)
2009年5月末234.5

自己資本規制比率の推移と備考の出来事を時系列に追っていくと、こんなストーリーが思い浮かぶのですが考えすぎでしょうか・・・?
MT4を導入したのは良かったが、顧客獲得のためにスプレッドを縮小したところ、EURCHF・EURGBP・GBPCHFと言った通貨ペアで顧客が大分儲かってしまい、121証券としては損失を被ることになってしまった。慌てて一部通貨ペアの取扱い中止やスプレッド拡大といった対応策を講じたものの、自己資本規制比率の急落はカバーできず3月末を迎えてしまった。このままだと金融商品取引法で定められた下限である120%を割りかねないので、何とかそこから回復する手段としてデモサーバの分離・変動スプレッドの採用といったことなどを行って、ここ1年のうちで最高水準にまで回復させた・・・。

ここまで回復したのは他にも「あんなこと」や「こんなこと」もやっていた可能性が大きいと思われますが、回復とは引き換えに企業としての信用や評判をかなり失うことになったものと思われます。
5月末の時点で十分回復したということであれば、あまり酷いことやあからさまなことは続けないだろうと思うのですが、どうでしょうかね・・・?2009年6月末の自己資本規制比率の値がどうなるのか注目したいと思います。
  1. 2009/06/16(火) 07:34:32|
  2. 121証券関係
  3. | コメント:4

121証券 自己資本規制比率急回復の謎

先日、コメント欄に書き込みを頂いてわかったのですが、121証券がホームページ上で4月末及び5月末の時点での自己資本規制比率を公開しています。

通常は四半期(3ヶ月)毎の数字を公開するようなので、3月末の時点の情報の後は6月末の時点での情報について公開するものと思っていたのでちょっとビックリです。
6月末を待たずして4月末、5月末の情報をあえて出してきたのは、3月末の時点の数字が148.7%とあまりにも悪かったせいでしょうか?この数字を見て121証券の経営状況を不安に思い離れていく顧客を何とか食い止めようとしているかのようにも思えます。

もちろん顧客離れの原因は、この自己資本規制比率の数字だけではないと思うので、この数字が改善したからと言って顧客離れが収まるもしくは離れた顧客が戻ってくるとは思えませんが、少なくとも新規顧客に対しては多少は効果があるかもしれません。

それにしても3月末に148.7%だったものが、4月末には193.5%、5月末には234.5%と急激に回復しているわけですが、何をどうすれば自己資本規制比率ってこんなに変化するんですかね?
ホームページに算出するための計算式が書いてありますが、いかようにもいじれそうな気がしてしまい、あまり当てには出来ない数字なのかなと思ってしまいました。
  1. 2009/06/15(月) 10:53:59|
  2. 121証券関係
  3. | コメント:2

MetaTrader4 ProActiveって何だ?

昨日の記事のバッドティックの情報の確認のために久しぶりにODLのホームページを覗いたら、What's Newのところに興味を引かれる記載がありました。

=============================================================
6/12 MetaTrader4 ProActive for Active Trader提供のお知らせ…
アクティブな取引に対応した弊社トレーディングツール「MetaTrader4:メタトレーダー4」の
アクティブトレーダー対応版、MetaTrader4 ProActive(仮)の開発に着手いたしました。
=============================================================

「プロアクティブ」って何かテレビCMで聞いたことのある響きですが、もちろん別物ですね。

Newsのページに記載の詳細情報によると「MetaTrader4 ProActive:メタトレーダー4 プロアクティブ(仮)は、外国為替証拠金取引の投資家向けにアクティブな投資を目的とした取引が可能となり、投資家の利便性を向上させたトレードツールとなります」というです。
しかも「お客様からのご要望が最も多かった」ために導入することにしたそうなんですが、果たしてどのような要望を満たしてくれるんでしょうかね?まさかECN導入なんて離れ業をやってくれますかね?

個人的に望む取引条件は、ECNじゃなくてもよいので、「スプレッドが狭くて、約定がスムーズで安定している」ぐらいのことで十分なんですけど、いくら希望の取引条件が満たされたとしてもEAが使えない、もしくはEAを使うと口座停止になると言うことでは、まったく意味を成しません・・・。

新サービスの提供で顧客の目を引くのも良いのですが、それだけではなく、「ODLにおけるEA使用のガイドライン」もちゃんと発表してほしいものです。
  1. 2009/06/14(日) 07:29:19|
  2. ODL関係
  3. | コメント:0
次のページ

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。