ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FXCM UKのサーバはどこに?

アメリカでの両建て禁止措置に伴い、早々にイギリスの支店への移行を発表したFXCMですが、移行準備期間が短かったこともあるのか、いろいろな情報が交錯し、事態も二転三転しているような感じです。

早ければ本日より移行先のFXCM MT4 powered by BT(以下、FXCM UK)での取引が出来るようになるとのことだったので、この週末で新たなMT4をダウンロードしていろいろとセットアップしておいたのですが、未だ移行完了の連絡がありません・・・。一体どうなっているんでしょうかね?

FXCM UKのMT4をダウンロードして、デモアカウントを取得しようとしていて気が付いたのですが、移行先がイギリスだからと思ってイギリスのVPSにセットアップしたのにも関わらず、サーバとの通信状況の指標にしているping値が3桁とちょっと長めです・・・。

SWVPS-イギリス
FXCM-UK-ping-UK.png

フォーチュン・キャピタルの件もあったのでもしかしたらと思って、自宅PCとアメリカのVPSにもFXCM UKのMT4をインストールしてping値を確認してみたところ、意外なことがわかりました。

自宅光回線(東京)
FXCM-UK-ping-JP.png

SWVPS-アメリカ
FXCM-UK-ping-US.png

この数値からすると、FXCM UKのサーバはアメリカ国内に設置されているようですね。単にサーバの移管まで間に合わなかったのか、それとも規制に触れないように管理体制だけイギリスに移行させたということなのでしょうか・・・?

それにしてもサーバはアメリカ国内なのにサーバ時間はGMT+1と言うことで非常に紛らわしい状況です。これは管理体制をイギリスに移行したことに伴う変更なのでしょうか・・・?

いずれにしても顧客が混乱しないようにしっかりとした情報提供及び対応を行ってほしいものです。

FXCM UKは、powered by BTとなっているように、今後はBoston Technologyと言うところから技術提供を受けることにしたようです。単にサーバが安定してくれるだけなら良いのですが、この会社、ユーザーサイドにはメリットをもたらさないことをしてくれる可能性もあるようなので、今後しっかりと検証していかないといけません。
  1. 2009/05/11(月) 10:48:20|
  2. FXCM関係
  3. | コメント:0
<<フォーチュン・キャピタル USDJPYのスプレッド推移比較 | ホーム | フォーチュン・キャピタルのサーバはどこに?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。