ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月の運用成績

まだ8月は終わっていませんが、現在のポートフォリオでは、月曜日の取引はないので8月の各ブローカーでの運用成績をまとめてみました。FN, GNシリーズで組んだポートフォリオです。

FXDD:月初証拠金約5000ドル
FXDD-0908.png

FxPro:月初証拠金約90万円
FxPro-0908.png

ODL:月初証拠金約400万円
ODL-0908.png

121証券:月初証拠金約60万円
121-0908.png

なお、121証券での成績が最も良いのは、FN,GNシリーズに加え、BNシリーズも同時稼動させていて、それが8月は全勝したため。また稼動EA数に対して証拠金が通常より少なく口座全体でのレバレッジが高めになっているためです。

8月は全体的にトレード数が少なかったので収益の伸びはいまひとつと言う感じでしたが、幸い大きなドローダウンに見舞われなかったので、順調な右肩上がりのパフォーマンスを示すことが出来ました。

なお現在、このような感じの自動売買環境を現在ご提供するサービスを行っています。詳しくはこちらのブログ記事をご参照ください
  1. 2009/08/31(月) 07:07:05|
  2. フォワードテスト
  3. | コメント:5
<<新仕様のFXCM-BTにログインできない場合 | ホーム | HND-FUK-SIN-DXB-CAI-LCA-MUC-VIE-AMS-FRA-BKK-HKG-HND>>

コメント

バックテストでのモデルについて

フォワードテストではなく、バックテストに関してなのですが、モデルについて教えていただきたいことがあります。

5分足を使用して、各インディケーターが条件を満たした時、その足が確定した段階でエントリーするというEAの場合、使用するモデルはOpen price onlyでテストを実行すればいいのでしょうか?

Open price onlyは、テストする時間足1本が完成したタイミングで売買するEAに適する。

Control pointsは、選択したタイムフレームの1つ細かいタイムフレーム(例えば15Mなら5M)までのデータを使用する。

Every tickは、利用できるすべてのティックデータを使用するので、本番に近い結果が得られるが、一番時間がかかる。

それぞれのモデルはこういうことのようですが、僕が使用するEAは5分足で使用するなら、他の足は考慮しないので、Open price onlyでいいのかと思い、質問させていただきました。

僕が使用しているEAはこちらで購入したものではないので、されでもよろしければご教授ください。
  1. 2009/11/25(水) 18:14:09 |
  2. URL |
  3. take-G #xtsQx3EI
  4. [ 編集]

Re: バックテストでのモデルについて

Open price onlyだとエントリーだけでなく、決済もOpenPriceで行われることになると思うので、注意が必要かと思います。
要するに始値だけで検証を行うわけですから、その後の価格の変動は一切無視をされてしまいますので、本来なら途中でストップにかかってしまうようなケースも再現されず無視されてしまうことになります。

基本的にバックテストはEvery tickで行われることをお勧めします。最近は高性能なPCがかなり安価になってきていますので、よほどのロジックを詰め込んだEAでない限り、Every tickバックテストしてもそんなに長時間かかることはないと思いますよ。

なお、ストップロス設定を置かないEAで、決済も足が確定した段階でしか行わないようなロジックなら、Open price onlyでも結果は同じになると思います。含み損増加により途中でマージンコールにかかるような状況があるようでしたら別ですが…。
  1. 2009/11/26(木) 10:10:56 |
  2. URL |
  3. ぼなんさ #-
  4. [ 編集]

バックテストの結果の違いについて

ご返答ありがとうございました。
よくわかりました。

もう一つバックテストに関しての質問があります。

バックテストのブローカーにForex.comを使用していまして、2つのMT4を違う名前でインストールをして、1つはOptimizationを実行して、その結果の確認のバックテストをもう一つの方で行うということをしています。

ですが、同じブローカーで設定条件もすべて同じなのにOptimizationとバックテストの結果が全く違うということが起こってしまいます。

僕が使用しているEAの中でMACDを使用していてOptimizationの結果の中にfastとslowの大小が逆転していることが多い(fast > slowになっています)ので、これがよくないのかとも考えました。

同じブローカーのMT4においてバックテストの結果が違ってしまういうのは、どんなことが考えられるのでしょうか?

MACDをEAで使用する際に、fast>slowとなる組み合わせははずした方がいいのでしょうか?

長くなってもうしわけありません・・。
  1. 2009/11/26(木) 20:58:13 |
  2. URL |
  3. take-G #xtsQx3EI
  4. [ 編集]

Re: バックテストの結果の違いについて

MACDが原因かどうかは良く分かりません。
ひとつ思い当たることといえば、バックテスト実施時のスプレッドが異なる可能性です。
通常、バックテストのスタートボタンを押した時点のスプレッドが適用されてテストが行われるので、
スプレッドが変動するブローカーでは、その点に注意する必要があります。
なお、バックテスト時のスプレッドを指定の値に固定する方法が他所にて示されていますので、
参考にしてみてください。
  1. 2009/11/26(木) 22:00:15 |
  2. URL |
  3. ぼなんさ #-
  4. [ 編集]

ありがとうございました。

大変、参考になりました。

いつもご教授いただいて、感謝しています。
  1. 2009/11/27(金) 00:04:03 |
  2. URL |
  3. take-G #xtsQx3EI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。