ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FXIM USDJPYのスワップが逆転?

82円後半の不本意なプライスで買ってしまったUSDJPYポジションですが、無事に83円台に乗ってくれたおかげで利が乗ってきました。このままホールドして84円ぐらいまで粘ろうかと思ったのですが、買って3日間しか経っていないのにスワップがマイナス100ドルもついていてびっくりしました。1日1ロット当たり約35ドルぐらいの換算です。
ちょうどスワップが3日分付くタイミングの前だったので、さらに100ドル分のマイナススワップが付くくらいならと思って、トータルで利益のあるうちに決済しておきました…。

ちなみにFXIMのスワップが付与されるタイミングは他社とは異なり、何故かNY時間の0時のタイミングになっています。週末分を含め3日分のスワップが付くのは金曜の0時と言うことになり、日本時間の金曜の14時となっています。

USDとJPYの金利差がほとんどない状態なので、ブローカーによってはショートはもちろんのことロングでもマイナススワップになっていることがあるのは知っていましたが、FXIMでは先週まではロングはプラススワップだったので、今週から数値を変えてきたのかもしれません。

スワップの値は、ストラテジーテスターの右にある「通貨ペアのプロパティ」ボタンを押して開くウィンドウで参照できるので、早速値を確認してみたところ、驚きの値が設定されているのに気がつきました。

FXIM-Swap1.png

ロングのスワップは-3であるのに対して、ショートのスワップが0.3と大小が逆転してしまっています…。ロングのスワップがマイナスになっている他のブローカーの場合、ショートのスワップはロングよりもさらに大きくマイナスになっているケースがほとんどで、大小が逆転しているのは初めて見ました。

大小が逆転しているのも納得がいきませんが、USDJPYのロングのスワップが-3 (pips)、すなわち1日1ロット当たり3000円のマイナススワップが付くと言うのはちょっと酷い値ですね…。設定の間違いと言うことでなければ、明らかにUSDJPYのロングポジションに対する作為的な何かを感じます…。
  1. 2010/11/19(金) 22:42:44|
  2. FXIM関係
  3. | コメント:0

FXIMはメジャーペアでもダメ

コメントにUSDCHFでも気配値とかけ離れた値で約定されたケースの報告がありました。

メジャーペアでもスプレッドは3固定なので、こちらのブローカーを利用するメリットがないので、
これまで一度も取引したことがありませんでしたが、試しにUSDJPYを買ってみました。

結果はご想像の通りで、以下のような笑っちゃうような約定が起こりました。

USDJPY-FXIM.png

AUDNZDのようなマイナーペアの場合は、このような気配値と異なる値での約定について
「AUD/NZDは他社では10ピップス以上の場合もあるので、今回のような差はここに含まれます」
と言う苦し紛れの回答をしてきたわけですが、他社ではもっと狭いスプレッドが提供されている
メジャーペアの場合は一体どのような言い訳をしてくるのでしょうか…。

いずれにしてもサポートからの回答は、「チケット履歴をClearing Bankとも確認しましたところ、
やはり取引は最良の値で実行されておりました。すべての取引は私たちの自動決済システムに
よって行われますので、間違いはございません。」と言う文言から始まるんでしょうね…。
もちろん約定した値の訂正などは一切行ってもらえないと思います。

USDJPYが83円越えをしてくれることを祈ろうと思います…。
  1. 2010/11/15(月) 17:30:06|
  2. FXIM関係
  3. | コメント:0

ようやく原資回復・・・これからどうする?

予定では、と言うかスプ3で他のブローカーと同様の値動きがあり約定が確実にかつ正しく行われれば、リベンジ作戦を開始して1週間程度でこれまで被った損失を回復するはずだったのですが、当初想定していた約定遅延やオフクオート、ヒゲによるストップ狩りと言った問題以上の「不具合」に遭遇し、結局原資回復までに3週間もかかってしまいました。

このペースで使い続けていけば、今後も順調にコツコツと残高を増やして行けそうな気もするのですが、また予期せぬ「不具合」が出現し、再び原資割れしてしまう可能性も無きにしも非ずなので、当面はリスクを低くしようかと思いました。最低ロットで使い続けて、約定や値動きが安定してきたかどうか確認しようと思ったのですが、ちょっと困ったことに気がつきました・・・。
最低ロットは0.1ロット(1万通貨)だと思っていたのですが、EAをそのような設定にしても1.0ロットの注文になってしまいます。裁量でポジション建てようと思ってもロット数の欄のプルダウンには1.0ロットからしか表示されません。
改めてFXIMのサイトを確認してみたところ、口座開設した当初はなかった記載が追記されていました…(黄色部分が追記部分)。

================================================
10000通貨単位から取引可能!少ない資金でも安心!
(口座残高が2,000ドル未満で10,000通貨からの取引、2,000ドル以上~5,000ドル未満で
50,000通貨からの取引、5,000ドル以上で100,000通貨からの取引になります)

================================================

最高500倍のレバレッジが可能なので、あくまでもハイレバで利用して欲しいということみたいですね・・・。

まぁロットを落として約定がスムーズに行くようになっても、ロットを上げた途端に約定が不安定になると言うこともあるかもしれないので、やはり状況の確認はこれまで通りのロットで行わないと意味がないということになり、今後も最低1.0ロットでのトレードをし続けないといけないのでしょうね。

とあるマイナーな通貨ペアでトラップリピート戦略とかもスプ3なら結構面白いかもとか考えていたのですが、ちょっと敷居が高すぎと言うかリスクが高くなりすぎますね…。

ちなみにこのトラップリピート戦略ですが、すべて指値でオーダーしておくので、少なくとも約定遅延とかオフクオートと言った問題からは解放されます。約定が遅延したり、リクオートやオフクオートで蹴られたりするのは、おそらくはMT4からブローカーのサーバへ注文を通す段階で起きているのだと思われます。ですから指値を入れておいて一旦サーバに注文を通してしまえば、そのレートに達すればその注文は速やかに執行されるのだと思います。もちろん急激な価格変動の場合などは滑ったりするのかもしれませんが…。

約定遅延やオフクオートにかなり悩まされた121証券へのリベンジ作戦は主にこの戦略を用いてました。当初と比べスプレッドがだいぶ広くなり約定が不安定になったため、使い続けることに何のメリットも感じられなくなっていたので、原資回復してある程度利益が出たところで全額出金してしまいましたが・・・。

FXIMも今のところ到底満足のいく内容のトレードが出来るわけではないですが、とりあえず「全通貨ペアスプ3固定」を守っている限りは、今後レートや約定が安定することを期待しつつ使い続けようかと思っています。
  1. 2010/10/17(日) 07:23:36|
  2. FXIM関係
  3. | コメント:5

不具合とは認めたものの・・・

気配値に表示されず、チャート上にも現れない値で約定した問題についてですが、
その後サポートから以下のような内容のメールが送られてきました。

=================================================================
ご存知の通りFX取 引には様々なリスクがございます。
残念ながら弊社と致しまして、今回のような不具合が発生しました場合、
損害に対して責任を負わず、一切の負債も負いかねます。
お客様同意書の「12、FXIMの責任」をご参照下さい。
=================================================================

ASK/BIDとして表示していない値で約定するのはやはり不具合のようです。
ただ、不具合であることは認めたものの、どうやらいかなる不具合であっても
同意書に記載の内容(免責条項?)により、一切の補償は行わないようです。

同意書の内容の該当箇所を探してみたところ以下の文言が記載されていました。

「FXIMのサービスまたはトレーディングプラットフォームの利用の結果発生した
お客様の損失または損害に対して、FXIMは一切の責任を負いません。」

今後、この手の不具合が改善されるのかどうかわかりませんが、
トレードの結果としてどんなことが理不尽なことが起こったとしても
上記の条項により一切のクレームを取り合ってもらえないことになってしまうので、
明らかに不公平と思われる取引を強いられても苦にならない精神構造が必須になると思われます。

それにしても明らかな不具合が頻発する状況で金銭の絡むサービスを提供するのはいかがなものでしょうか?
突発的な価格変動とか、想定外のトレードが行われたとかいうことならまだ理解できますが、
1ロット程度のポジションを成り行きで建てただけなんですけどね…。

「取引量が増えることで状況は改善される」と言うことですが、
このような状態では「スプレッド3固定」に惹かれて利用し始めても
すぐ利用するのをやめちゃう人が多いのではないかと心配です・・・。

市場の価格と乖離しない気配値で安定して確実な約定が行われるようになれば、
「スプレッド3固定」という条件は一部の通貨ペアでは明らかに
顧客優位なトレードが出来ると思うので、状況が改善されることを期待したいと思います。
  1. 2010/10/12(火) 08:59:51|
  2. FXIM関係
  3. | コメント:4

FXIMからの回答

約定が提示されている価格と全く異なる値で行われており、約定時刻前後には約定した価格が一瞬でも提示された痕跡が見られない旨をFXIMのサポートにクレームしてみました。

AUDNZDtrade2.png

ちなみに先日の記事と同様の新規ポジション建ての際の現象が3件あった他に、ポジションを成り行き決済した際にも提示価格と異なる値で約定されているのを目にしました(+15pipsぐらい利が乗っていたポジションを決済したのに何故か利益0となっていました・・・)。

きっと立ち上げたばかりでそのような致命的な不具合(システムバグ?)が生じていることを認識しておらず、起こっている事実を確認してくれたら、速やかに約定価格を訂正してくれるものと思っていたのですが、このような回答が送られてきました・・・。

「チケット履歴をClearing Bankとも確認しましたところ、やはり取引は最良の値で実行されておりました。
すべての取引 は私たちの自動決済システムによって行われますので、間違いはございません。
AUD/NZDは他社では10ピップス以上の場合もあるので、今回のような差はここに含まれます。
現時点では多少不都合を感じられるかも知れませんが、取引量が増えることで改善していきますので、ご了承下さい。」

気配値と全く異なる値で約定する場合があることをあっさりと認められてしまい拍子抜けしてしまいました…。
スプレッドを3固定と通常より狭くしているのはFXIM側の問題であって、インターバンクを含め他社の状況は関係ないと思いますが…。
到底すんなりと了承できるような不都合ではないので、このような約定がまかり通るものなのか再度確認したところ、定型と思われる回答が返ってきました…。

「このたびはクリアリングバンクとの間での注文処理により、システム上でお客様のご期待に沿えない結果になり大変残念に思います。
弊社の取引規約やFX取引におけるリスクを理解して頂き、充分に注意してお取引をおこなってください」

どうやら提示されている気配値は、その価格で約定されることを「期待」すべきもののようです。
またこのような気配値と異なる価格で約定することはユーザーが理解すべきリスクの一つとして、FXIMの取引規約に記載されているようなので、規約のどの辺りにそのような記載がされているのか追加で問い合わせ中です。

カバー先のプライスが提示気配値と異なるのなら、気配値の再提示をするか(リクォート)、取引を成立させないか(オフクォート)するものだと思うのですが・・・。それをせずに勝手に値を決めるのは明らかに不公平です。
  1. 2010/10/04(月) 07:18:49|
  2. FXIM関係
  3. | コメント:1

FXIM こんなのアリですか?

ヒゲやオフクォートと使えないブローカーの様相を呈しているFXIMですが、
最大のウリである「スプ3固定」は死守しているものと思ってました…。

確認した限りではレート提示しているすべてのTickでスプ3になっているようですが、
スプ3固定にしている意味がまったくわからないような約定が起こりました。

約定直後のスクリーンショットです。何がおかしいのかわかりますか?
AUDNZDtrade.png
さすがにあの121証券でもこんなことまではしてなかったと思います。
気配値としている呈示されているAskとBidって何の意味があるんでしょうか? こんな約定がまかり通るなら何でもアリってことになりますよね。

あ、もちろん気配値通りのプライスで約定することもあるので誤解のないようにお願いします。
  1. 2010/09/30(木) 06:19:02|
  2. FXIM関係
  3. | コメント:3

FXIM オフクオートの嵐

FXIMでのリベンジ作戦を決行中ですが、ヒゲによるストップ狩りを回避し、これまでの損失を順調に取り戻し始めたところ、今度はオフクォートによって約定しにくくなってきました。

121証券での経験を活かしてあれこれ対策を練っていますが、121証券よりも酷い状況のようです。
サーバが弱いのか、誰か人が判断しているのか、request in processになってからの時間が長いです。
そりゃその間にプライスが動いてしまうからオフクォートとなるのも仕方ないかもしれません。

それにしてもModifyオーダーでもオフクォートって出るんですね…。びっくりしました。
さすがに121証券はModifyオーダーはすんなり通ってたんですけど…。

もうこうなると成り行きオーダーは使えないって感じですね。
うーんそうなると面倒だなぁ…。

さてどうなることやら。
  1. 2010/09/29(水) 00:14:13|
  2. FXIM関係
  3. | コメント:0

FXIM 全通貨ペアのスプレッドが3固定のブローカー登場

久々の更新です。相変わらずコツコツとやっております。

ようやくネット上にもちらほら情報が出てきたようですが、先月末よりFXIMという新たなブローカーを試しています。
もちろんMT4対応なのですが、一番のウリはどの通貨ペアでもスプレッドが「3」に固定されているという点です。
EURUSDやUSDJPYのような通貨ペアは他のブローカーに比べると広いので全然魅力がありませんが、他のブローカーでは最低でも10pips以上のスプレッドをつけているマイナーな通貨ペアでも3pipsで固定と言うから驚きです。

対応通貨ペアをチェックしてみたところ、AUDCHF,GBPCAD,GBPNZD,NZDCADと言ったこれまでスプレッドが広くてチャートさえ見たことのないような通貨ペアもありました。これらすべてスプレッドが「3」固定です。
1ヵ月ほどライブ口座でスプレッド推移のチェックをしましたが、どの通貨ペアも見事にスプレッド3のままでした。

スプレッドがかなり狭くなっているマイナーな通貨ペアは非常に魅力ですが、これまで一切検証していないので、通常3pips以上のスプレッドで稼働させている日本時間朝方のスキャルEAなら、スプレッドが狭い分より大きく抜けるのではないか、もしくはより勝率が高くなるのではないかと考えてあれこれ稼働させてみました。

しかしながら、デモ口座では結構良い感じだったのですが、ライブ口座でのフォワードではボロボロ…。
デモとライブでは結果が異なるのは他のブローカーでも良くあることですが、どうやら一部の通貨ペアではライブ口座の値動きがデモ口座や他のブローカーとはだいぶ異なるようです。スプレッドを狭くして調整している分、値動きがおかしいのかなという印象を受けます。

また他のブローカーでは余裕で利確決済しているようなエントリーがなかなか決済されずズルズルとマイナスになってしまったり、他のブローカーでは見られないような一瞬の価格変動、いわゆるヒゲでストップをつけられたり…。とにかく全く良いところがありません。

ストップ狩りの件をクレームしても、「まだまだ取引口座も少なく取引資金も少ないため、レートの安定も約定などに関しても、不都合だと感じられる時期だと思われます。しかし、口座数が増えれば全てが解決されるでしょう。ご安心ください。」と開き直られる始末…。口座数が増えるまでは使わない方が良いってことですかね?

こりゃ、SCAMブローカーだなと思い速攻スキャルEAを使用するのを停止したのですが、このまま出金するのも悔しいので、被った損失を何とか取り戻してやろうとリベンジ作戦をあれこれ考えていました。こういう時って不思議とやる気がわいてきて作業がはかどるんですよね…。復讐は発明の母といった感じでしょうか。

先週出来上がったEAがライブ口座でもかなり健闘することが分かったので、この週末それをベースに多少手を加えてみたところです。今週のフォワード結果がどうなるか楽しみです。うまくいけば口座数が増えるのを待たなくても十分戦えた上におつりが来そうな感じです。でも油断せずに返り討ちにあわないように気をつけないといけませんね…。

あれこれとけなしまくりましたが、スプレッド3固定と言うのは非常に魅力があるのは確かだと思います。
ただその利点をうまく使わないと痛い目にあう可能性があるということですかね・・・。

使いづらいブローカーであると言っておきながら矛盾していますが、口座開設のご案内です。
既存のブローカーに飽きた新し物好きの方、いかがでしょうか?


なお、こちらのリンクから口座開設していただいた方には、リベンジ作戦成功の暁にはそのEAを無償提供させていただきます。

(追記)諸事情によりリンク外しました。
  1. 2010/09/26(日) 21:14:13|
  2. FXIM関係
  3. | コメント:0

ワールドカップ記念ボーナス

今年、2010年に入ってから最大20.10%のボーナスが付く入金キャンペーンを繰り返しているAlpariですが、現在はワールドカップ実施を記念してという名目で今週末7/9までの入金に対してボーナス獲得権利が付与されるキャンペーンを実施中です。

キャンペーンの詳細については、いつの間にか日本語にも対応になったAlpariのサイトを参照していただきたいですが、ボーナス獲得に際してちょっと注意が必要です。

以前はキャンペーン期間中に入金すれば自動的にボーナス金額がクレジットされていたのですが、最近はみずからキャンペーンに登録しないとクレジットされなくなりました。しかも今回はその登録ボタンがキャンペーンページの右下の方に目立たない色合いで置かれているのでうっかり見逃している人もいるのではないでしょうか?

なお、最大20.10%となっていますが、その率が適用されるのは2万ドル以上の入金分に対してであり、それ未満の入金分に対しては所得税の累進課税のような感じで7.5%から段階的にボーナスの割合が上がっていきます。また最大でもボーナスは3000ドルまでと言うことなので、20.10%の恩恵を被ることが出来るのはごくわずかです。

一見太っ腹なボーナスのようですが、7/10から8/27までの間に最低200ロットの取引をしないと一切ボーナスがもらえません。満額の3000ドルを得るためには、同期間内に400ロットの取引が必要となってきます。以前にも記事にしたと思いますが、ちょっとハードルが高いように思います…。

また去年のキャンペーンでは、追加開設した口座ごとに最大3000ドルのボーナスの獲得が可能だったのですが、今年からは同一名義の口座では合計で最大3000ドルということになっているようです。
…と言うことは取引ロットの計算も同一名義の口座の合計でカウントしてくれるんでしょうかね?

キャンペーンの原資は、必要とされるロット数をこなすことにより取引のスプレッド、すなわち通常Alpariが利益を創出しているところから捻出されていると信じたいですが、裏で何かされていてもなかなか気づきにくいですからね…ちょっと注意が必要だと思います。

これまでのところ、一つのキャンペーン期間の終了翌日から新たなキャンペーンが始まっているようなのですが、来週以降はどのような内容(名目)のキャンペーンになるんでしょうか…。

これまでの20.10%キャンペーンのページ
・1/1-1/29
・1/30-2/26
・2/27-3/26
・3/27-4/30
・5/1-6/4
  1. 2010/07/05(月) 17:52:50|
  2. Alpari関係
  3. | コメント:2

無料VPSを試してみました

FXCMが無料でVPSを提供するサービスを始めた旨の記事を書きましたが、タイミング悪く出金をかけてしまっていたので、再度入金をしてサービスを利用してみました。

FXCMへの入金は国内の銀行振り込みで行えるので手数料をほとんど気にしなくて良いのがありがたいですね。また出金の際も他の海外ブローカーだと手数料が課せられると思いますが、FXCMの場合は国内の銀行宛なら無料です。
他の海外ブローカーもFXCMと同様に気軽に入出金できる仕組みを何とか取り入れてほしいものですね。

肝心のVPSサービスですが、利用申し込みサイトにMT4の口座番号とメールアドレスを入力するとすぐにVPSへのログインに必要な情報がメールで届きます。他のVPSサービスを利用したことがある人ならば特に困ることなくサービス利用を開始できます。
早速ログインしてみると普通のWindows2003のVPSサービスと全く変わりありません。違うのは事前にFXCMのMT4がインストールされていることぐらいです。

MT4サーバまでのping値を測定してみましたが、SWVPSでも十分満足すべき値なのですが、FXCMのVPSは限りなく0に近い値がでているようです。まぁMT4もVPSもBoston Technologies社のサービスを利用しているので、ほぼ同じロケーションでサーバが稼働しているということなんでしょう。

SWVPSアメリカ
FXCM-ping1.png

FXCM提供VPS
FXCM-ping2.png

早速、他のVPSで稼働させていたFXCMのMT4をフォルダごとコピーしてセットアップしておきましたが、果たして10数ミリ秒の違いは実際のトレードでどれだけ以前と違ってくるんでしょうかね…。
トレード環境としては、これ以上の条件は望めないような環境が無料で利用できるという点は非常に高く評価したいのですが、実際のトレードにおいてはスプレッドを含めたブローカーとしての問題の方が大きく影響すると思われるので、他社とのパフォーマンスの差がどれだけ縮まるのかが焦点でしょうか…。

FxProとかがこういうサービスを始めてくれたら非常にありがたいんですけどね…。ダメ元でリクエストしてみましょうか。
  1. 2010/02/17(水) 10:20:19|
  2. FXCM関係
  3. | コメント:3
前のページ 次のページ

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。