ぼなんさのMT4自動売買でがっちり!

MetaTrader4のコツコツがっちり型のEA開発の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Alpari Pro口座がMT4対応に

だいぶ前にAlpariから届いたダイレクトメールにNDD仕様でスプレッドを狭くした口座が出来た旨が記載されていたのですが、MT4に対応していなかったので自分には関係ないことと思っていました。

でもつい先日、その口座がMT4に対応になったということを知人から聞きました。アナウンスメールは来ていなかったように思うのですが、迷惑メールに振り分けられたか、見逃してしまったのでしょうか…。
早速Alpariサイトの方を確認してみたところ、Pro口座ということで別の専用サイトが出来上がっていました。

従来のMicroやClassic口座と大きく異なる点を個人的判断でメリット・デメリットに分けてみました。

メリット
・スプレッドが0pips~
・NDD(ディーリングデスクを介さない)
・50通貨ペア対応

デメリット
・レバレッジ:100倍
・最低預入証拠金:2万ドル
・最低取引サイズ:3ロット(30万通貨)

ちなみにスプレッドを狭く提供する代わりに取引ごとに手数料(コミッション)が課されます。
これはこれまでブローカーの手数料としてスプレッドに含まれていた分と考えれば、メリットともデメリットともいえないですね…。

Alpariは変動スプレッドに移行してから以前よりだいぶパフォーマンスが落ちたように思われるので、このPro口座には大変期待したいのですが、最低取引サイズがネックになりそうです…。
レバレッジ100倍で3ロットからということは、EURUSDの場合1ポジション最低3000ドルの証拠金が必要になるわけです。かなり証拠金を預けておかないと安心してトレードできませんね。せめて最低1ロットにならないでしょうかね。

通常のサイトの方に、これまでの口座との比較一覧があるので、詳細はそちらを参照してください。

一つ気になったのは、この比較の注文の執行(Execution)に関して欄外に注記があり、MicroやClassic口座の注文の99.6%は自動的に執行されると言うことが記載されていました。
裏を返すと残る0.04%の注文に関してはディーリングデスクにより何らかの人為的な操作が加えられていると言うことなんでしょうかね?
確率的には200注文に1回ぐらいということになるわけですが、これを多いと思うか少ないと思うか…。
  1. 2010/01/18(月) 12:07:33|
  2. Alpari関係
  3. | コメント:1

FXCM VPS提供サービス開始

今年から利用することをやめてしまったFXCMですが、VPSを無償で提供するサービスを開始したようです。

VPSはボストンに設置されているMT4サーバと同じロケーションに設置されるということで、通信にかかる時間を極限まで削減できるようです。VPSの申し込み先のリンクがBostonTechnologies社のものになっているので、VPSはFXCMのMT4サーバを管理しているBostonTechnologies社が管理するものと思われ、設置先がほぼ同じロケーションになることは間違いなさそうです。

BostonTechnologies社にMT4サーバの管理を委託している他のブローカーでの同様のVPSサービスについて話を聞いたことがありますが、VPSからMT4サーバへのPing値が1ms以下と非常に低い値になるということなので、FXCMのVPSサービスも同等の小さいPing値が得られるものと思われます。

一応、これまでアメリカ国内のVPSを利用してFXCMのMT4は稼働させており、Ping値は2ケタ程度だったんですけど、果たしてこのVPSサービスを利用すればEAのパフォーマンスが他と比べると低くなってしまう状況も改善されるのでしょうか…?

なお、申し込みをすれば12ヶ月は無料で利用でき、使い続けていればその後も無料で利用できると言うことですが、月に10トレード(おそらく10往復取引)をすることが最低条件となっているようで、それを満たさない場合はVPS利用料として30ドルが口座残高から差し引かれるということなので、注意が必要です。
  1. 2010/01/11(月) 07:31:03|
  2. FXCM関係
  3. | コメント:0

利用ブローカー集約

去年1年間でいろいろなブローカーに口座を開設して取引をしてみましたが、あれこれと考えた上、利用するブローカーをFxPro,MIG,Alpari,FXDDの4社に集約することにしました。
基本的には、この夏に始まるレバレッジ規制により取引環境としての魅力が大幅に低下する国内のブローカーから撤退するという感じです。
でも口座を解約してしまうのはもったいないので、維持に最低限必要な金額を残して出金をかけました。

本来ならAlpariは、相変わらず入金ボーナスキャンペーンを打ち続けていてかなりヤバそうな感じがするので整理対象なのですが、FXDDとセットとして考えて双方の入金ボーナスキャンペーンを有効利用させていただこうかと考えてます。

撤退することにしたブローカーについての個人的な感想を記載しておきます。

・ODL
ProActiveとか言う仕様に変更になってからスキャルピングも容認するようになったのは評価したいが、EAのパフォーマンスが他と比べると若干悪い感じ。旧仕様と比べると格段にパフォーマンスは落ちたように思う。毎朝メンテナンスを実施するようになったのもマイナス評価要因。

・121証券
いわずもがな。最近あまり悪評を聞かなくなったのは、改心したのかそれとも利用者がいなくなったせいなのか…?国内にサーバがあるのは大変魅力であったが、海外のVPSを利用するようになってからはそれ以上のメリットが感じられない。リベンジ作戦を敢行するだけのためにコツコツ使い続けていたが、すでに原資分は回収したので、また酷い目に会わないうちに早めにサヨナラ。

・ゲインキャピタル
マイクロロットの扱いがあるので大変魅力的であったが、相変わらずOldTickエラーが頻発しており、他と比べると約定頻度が低い感じ。FOREX.comはゲインキャピタルとサーバの仕様などほぼ同じだが、レバレッジ規制を受けないメリットを考慮し保留としもうしばらく経過観察することにした。

・FXCM
BostonTechnologies社仕様になってから以前よりは約定は安定しているような感じだが、他と比べるとパフォーマンスがだいぶ悪い感じ。国内の銀行振り込みでの入出金が可能なところが大変魅力であったが、パフォーマンスの悪さはその魅力を打ち消して余るほど。やはりあのプラグインが効いているのか?

集約した分、また順次新たなブローカーに口座開設してみて、安心して使えるブローカーの選択肢を増やしていこうと思います。
  1. 2010/01/09(土) 17:55:03|
  2. ブローカー
  3. | コメント:2

MIGの利点

MIGが銀行としてのライセンスを取得した旨は先日記事にしましたが、銀行ライセンスの取得に伴いユーザーサイドにとって何のメリットがあるのか、サポートに尋ねてみました。

====================================
銀行ライセンスを取得したことにより、他のスイス銀行と同じく100,000CHFまでの政府保証が付きます。
何よりも金融庁への報告義務と監査によって、信頼性、安全性は増したと思います。
====================================

海外に限らずブローカーに資金を預ける上でもっとも心配なのは、万が一の際の資金の行方です。一般に分別管理、そして信託保全されていれば安全だと考えて良いようですが、それに加えてスイス政府による保証が約束されるのは心強いですね。

10万CHFまでの政府保証というのは、日本でいうところの「預金保険制度」のようなものが適用されるということなのでしょうか。現在のレートで約900万円ぐらいと日本の銀行における保証額1000万円よりも少ない額になりますが、日本の銀行に預金しているのと同レベルに安心しても良いということになるものと思われます。

ちなみにMIGの日本語サポートですが、いまだに前に在籍していた評判のあまりよろしくない女性担当者の話を目にしますが、現在は他の方(男性)が担当になっています。一度立ってしまった悪い評判はなかなか消えないものですね…。

2/4桁表示から3/5桁表示に変更になったのに伴い、これまでの固定スプレッドから変動スプレッドに変更になったのがちょっと気になるのですが、以前よりは若干スプレッドが狭くなっているような感じです。EAのパフォーマンスにどれだけ影響があるのか少し気をつけてみたいと思います。
  1. 2010/01/06(水) 17:33:41|
  2. 情報
  3. | コメント:0

MIG 社名変更

お勧めブローカーの一つであるMIGですが、銀行ライセンスを取得されたそうで、それに伴い社名が「MIG Bank」変更になりました。

migbank_logo2.jpg

銀行ライセンスの取得により、ユーザー側にはどんなメリットがもたらされるのかいまひとつ不明ですが、「銀行」を名乗るだけの資格を有したということで、今まで以上に信頼性が向上することになるのでしょうか?

直接関係がありそうなこととしては、とりあえずスプレッドが若干狭くなるようです。
またそれに伴う対応だと思いますが、12/21から通貨ペアの桁数表示もこれまでの2/4桁表示から3/5桁表示に変更になるとのことです。EAによっては設定の変更等が必要になりそうですね。
スプレッドが狭くなるタイミングも12/21からということになるものと思われます。

残念ながら口座開設は、パスポートの認証が必要だったり、契約書原本をスイスまで郵送する必要があったりと、他と比べてだいぶ面倒なのは変わらなさそうです…。

口座開設については、めた☆さぽさんの方から申し込むと、パスポート認証の費用を負担してくれるので、興味ある方は、そちらのサービスをご利用になってみてはいかがでしょうか?

MetaSapo188_70.gif
  1. 2009/12/13(日) 15:52:03|
  2. ブローカー
  3. | コメント:2

Alpari、まじヤバイかも!

9月ごろからやっていたAlpariのボーナスキャンペーンが先週末を持って終了しました。
ボーナス獲得条件である既定ロットの取引をこなしていれば、今週からボーナス分を含めた出金が可能になるはずなのですが、ちょっとトラブルが発生しているようです。

このボーナスですが、とりあえず入金レベルに応じて付与されるのですが、証拠金の一部としては使えるけどキャンペーン終了までは引き出せない「クレジット」として扱われ、他の証拠金とは区別されています。

キャンペーン終了をもってそのクレジットがそのまま差し引かれるのですが、既定のロット数を満たしていれば、今度はクレジットではなく「バランス」として入金され他の証拠金と合算されるので、その時点で出金も可能となります。

キャンペーン期間中に入金し、既定ロット以上の取引をこなした口座履歴を週が明けてから確認したのですが、一部の口座でクレジットが差し引かれているだけで、ボーナス分の入金の履歴が見当たりません。入金処理が遅れているのかなとも思ったのですが、クレジットの差し引きと同時刻にちゃんとボーナス分の入金がされている口座もあります…。

同様のトラブルに見舞われている方も数名いらっしゃるようなので、ちょっとしたミス処理ということでもなさそうです。
サポートに問い合わせていますが、「調査中です、もう少々お時間ください」との回答が届いたきりいまだ何の連絡もありません…。「もう少々」って数時間だと思っていたのですが、そんな複雑な計算処理が必要とは思えないのですが、一体何やっているんでしょうか?

まさか次回のキャンペーンでの入金がいまひとつ奮わず、今回のキャンペーン分のボーナス原資が確保できていないなんてことはないでしょうね?調査の結果、今回のボーナスはキャンセルなんてことになれば、ついに恐れていたことが始まる可能性が高いものとして警戒しないといけないのかもしれません。

とにかく、うまい話には気をつけないといけませんね。…と言いつつもAlpariから出金した証拠金はそっくりそのままFXDDへ資金移動します。
12月はキャンペーンをやらないような話を聞いていたのですが、計5%分のボーナスが付与されるキャンペーンが始まったようです。NFAがらみの仕様変更のバタバタでだいぶ顧客離れが進んでいるのかもしれませんね…。

(追記)
その後のボーナス分の対応ですが、翌日(正規のボーナス支給日の2日後)になってようやく入金が行われました。一安心です・・・。

併せてボーナス支給が自動的に行われずに対応が遅れた理由についても説明もありました。
===================================================
ご入金の際、1つの口座から口座間資金移動がありクレジットの移行もあった為、お時間がかかっております。
通常は、口座別にご入金をして頂くことが前提となっている為、この場合は、バックオフィスによる自動プラグインに調整が必要となるのです。
===================================================

通常の入金方法を取らなかった(一口座当たりのボーナス付与上限があったため、一つの口座にまとめて新規入金したあと、複数の口座に振り分けを行った)ことは確かですが、事前にそのような入金方法でも個々の口座でボーナスは獲得できる旨はAlpariサイドに確認をしています。
これまでに何度も同種のボーナスキャンペーンをやっているのですから、この手のイレギュラーな対応はすでに経験済みのことではないかと思われます。システム上の改善が行われていないのなら、再び確認や調整に時間を要することは事前に分かっていたものと思われます。

少しでも利用者に不安を与えないよう、事前に十分な情報開示・説明をしていただけたら、Alpariへの評価もだいぶ違ったと思うのですが・・・。海外のサービス業にこのような顧客対応を求めるのは酷ですかね?
  1. 2009/12/01(火) 19:49:25|
  2. Alpari関係
  3. | コメント:0

FxPro アメリカ市場から撤退

現在FxProをメインブローカーの一つとして利用しており、他の方にもお勧め海外ブローカーの一つとしてご紹介しておりますが、FxProを利用するきっかけを作ってくれたのはアメリカにいるビジネスパートナーでした。
ODLでのEA使用が制限され困っていたところに、新たなブローカー候補として推奨してくれました。当時FxProはまだ日本国内ではあまり知名度が高くなかったこともあり、口座開設および取引開始に際して不安材料もあったのですが、何か問題があった際には間に入って問題解決の手助けをしてくれると言ってくれたこともあり、安心してクレジットカードでまとめて送金した記憶があります。

実際彼自身もFxProでの取引には満足しており、その後も取引を続けていたのですが、先日、FxProでの取引をやめることにしたと彼から連絡がありました。
何かFxProとのトラブルでもあったのかと思いましたが、そういうわけではなく、FxPro側からメールが届き、アメリカ市場から撤退することになった旨が一方的に伝えられたということでした。

その内容はFxProのサイトにも記載されていますが、来年1/25にはすべてのポジションをクローズするということで、一応それまでに約3ヶ月の猶予期間が与えられているような感じですね。

FXPRO INFORMS ITS CLIENTS IT WILL WITHDRAW FROM US MARKET

FxProを訪問した際に、ヨーロッパ各地には支店を出したりして業務拡大をしているのに、市場としては決して無視できないアメリカに支店を出していないのを疑問に思って尋ねたのですが、MIFIDというEU圏内の金融関係の法規制をクリアしているおかげでEU圏内での支店展開は非常に敷居が低いので、とりあえずは欧州を中心に業務を拡大していくというような回答をいただいてました・・・。

まずは足元を固めてからと考えているものと捉えていましたが、今回のアメリカ市場からの撤退をうけ、ひょっとしたらちょっと状況が違うのかもと思い始めるようになりました。

というのも、日本に支店を出す可能性についても尋ねたところ、日本は金融庁の法規制が厳しいので日本進出についてはまったく考えていないということだったのです。欧州圏内に資本を集中させるという流れからすると、米国のケースと同様にいつ日本から撤退してもおかしくないのではという疑念が浮かんできたのです。

もしそのような計画があったとしても問い合わせても事前には教えてくれないでしょうから、その可能性については推測の域を出ませんが、決してFxProをご利用中の方々や利用を検討されている方々を不安にさせることが目的ではありませんので、誤解のないようにお願いします。

自分も引き続きFxProとの取引は続けていくつもりですが、ブローカー側の一方的な都合や理由で、これまでのように取引が継続できなくなる可能性もあるのだということを頭の片隅に置いておく必要があると思いました。
もしそのような事態になったとしても、あわててブローカー探しや口座開設をしなくて済むようにしておかないといけないかもしれませんね。
  1. 2009/11/27(金) 07:42:11|
  2. FxPro関係
  3. | コメント:10

速報! FXDDついにNFA加盟へ!

先ほどFXDDからメールが届きましたが、これまで「申請中」ということだったNFAへの加盟に関して、動きがあるようです。

詳細はこちらのサイトをご覧ください。

要するにNFAへの登録を完了するために、事前にNFAの規制に応じた取引環境に変更するということになったようです。
そしてその変更は今週末(11/29)に行われ、来週の取引から変更後の取引環境が適用されるようです。
また、変更に対応したMT4をダウンロードしなおす必要があるようです。

肝心の変更内容ですが、
・最大レバレッジが100倍になる。
・FIFO形式のポジション管理になる。
・ヘッジポジションは相殺される(両建てはできなくなる)

でもこの両建てについてですが、「FXDDのバックオフィスはヘッジを認識しません。弊社のバックオフィスはポジションベースのシステムであり全てのヘッジポジションは即相殺されて履歴に表示されます。注記: この変更によるお客様の取引スタイルやEA への影響は一切ありません。」という記載もあり、MT4上ではこれまで通り両建てすることも可能であるようにも読み取れます・・・。

サポートに連絡を取って確認する必要がありそうですね。

(追記)
サポートの方に確認してみました。
結論から言うと、新しいMT4をインストールしなおせば、最大レバレッジが100倍になること以外はこれまで通りに取引することが可能、すなわち両建ても可能なようです。とりあえずは一安心ですね。

今回の変更によりMT4は単なる発注システムのようなものになり、正式なポジションの管理は別のサーバにて行われることになるようです。このサーバへのアクセスツールは後日提供されるとのことでした。
ちょっとわかりにくい&面倒くさい気もするのですが、NFAのルールに則りつつも、従来通りの取引を可能にするために、FXDDとして取ることにした苦肉の策という感じでしょうか…。

FXDDとしても今回の件は、NFAの方から突然連絡が来て、急遽対応することになったようで、事前に顧客にアナウンスするような時間的余裕が全然なかったとのことでした。
そのようなことから今回の対応は、十分な動作確認や検証が行われていない可能性が考えられます。NFA加盟への対応を水面下で進めていたのなら別ですが…。

とにかく来週からの取引で大きな不具合が見つかったり、トラブルが発生しないことを祈りましょう。
  1. 2009/11/25(水) 10:44:55|
  2. 情報
  3. | コメント:0

Alpariのボーナスキャンペーンは怪しい?

現在実施中のAlpariのキャンペーンもようやく今週で終わり、既定のロット数を達成していればボーナスを得られますが、また新たなキャンペーンが始まっています。

現在のキャンペーンの内容よりさらに分かりにくい内容なので、詳細は割愛させていただきますが、このように立て続けに入金ボーナスキャンペーンを行ってくれるのはありがたいと思う反面、だんだんとちょっと怪しいと思い始めたので、今回のキャンペーンには乗らないことにしました。

怪しいというのはあくまでも個人的な感覚なのですが、どうも他のブローカーに比べてEAの成績がいま一つのような気がするのです。Alpariは変動スプレッドを導入してからEAのパフォーマンスが落ちたというような話をよく目にするのですが、変動スプレッドを導入したことで顧客に不利な状況を好き勝手に作り出すことができるようになったので、キャンペーンのボーナスの原資なんかもその仕組みをうまく利用して捻出しているのではないかと少し疑ったりしています。

Alpariのキャンペーンの獲得基準となるロット数の設定がかなりざっくりとしていて、ボーナス額が0~1500ドルの場合は200ロット、ボーナス額が1501~3000ドルの場合は400ロットの取引を既定の期間内にしないといけません。
例えば、キャンペーン期間中のスプレッドが常に1pip広がっているような状態、もしくは決済の瞬間1pip広がるような状況があるのだとすれば、1ロットの取引当たり10ドル分ブローカーが儲かることになります。200ロットで2000ドル、400ロットで4000ドルは確保できるので、十分ボーナス分の原資は確保できますね・・・。あくまでも仮定の話ですが・・・。

同じく入金ボーナスキャンペーンを時々行っているFXDDですが、11/20までということで実施していた秋のボーナスキャンペーンは月末まで期間が延長になったようです。またそれに伴い、年内は大型のキャンペーンは実施しないことになったようです。来年以降に期待という感じでしょうか・・・。
FXDDの場合、ボーナス獲得に要する取引基準がAlpariに比べればだいぶ緩いことや変動スプレッドを採用していないので、おかしなことをおこなっていればすぐにわかるということもあるので、Alpariよりは安心できるような気もするのですが…。

いずれにしても、ブローカー側が顧客獲得のために何かキャンペーンを行ったり、有利な条件を提示している場合には、それにかかる費用がどこかから捻出されている可能性を疑ってかからないといけないと思い始めています・・・。

どこかに安心して公正な取引を行えるところはないのでしょうかね・・・。ブローカー探しの旅はまだまだ続きそうです。
  1. 2009/11/25(水) 09:03:04|
  2. Alpari関係
  3. | コメント:2

ODLよ、お前もか!

ODLに口座をお持ちの方のところには数日前に「システムメンテナンスのお知らせ」というメールが届いていると思いますが、本日より毎朝、システムメンテナンスのために取引ができない時間が発生するようです。

========================================================
現在、お客様に提供しておりますODL MetaTrader4のご利用につきまして、取引環境安定化を図るため、11月23日(月)以降、毎朝の定例システムメンテナンスを実施致します。

定例システムメンテナンス時間帯につきましては、ODL MetaTrader4へのログイン不可ならびに取引停止になります。
その際、マーケット動向が変化する場合が御座いますので、お客様自身によるリスク管理の徹底、余裕のある証拠金でお取引を頂けますよう、お願い申し上げます。

月曜日(週初)を除く平日
GMT時間 22:00~22:10,23:10~23:20
日本時間 7:00~7:10,8:10~8:20

尚、システムメンテナンス時間につきましては、メンテナンス状況により時間が短縮される場合が御座います。
========================================================

121証券でもすでに同様のシステムメンテナンスを日本時間の朝に行っていますが、ODLもそれに倣ったのでしょうか・・・?
日本市場がオープンする前の時間は他の時間と比べて取引量が少ないということで、この時間帯を選んでサーバを止めてメンテナンスを行うのかもしれませんが、海外のブローカーでシステムメンテナンスということで毎日サーバを止めているようなブローカーは自分の知る限りではありません。

サーバのメンテナンスが、週末の市場が動いていない間だけでも十分であることは、他の海外ブローカーの実情からも十分示されていると思うのですが、数少ない日本のMT4ブローカーが相次いでこのような顧客に不便を強いるようなことを行う状況はちょっと理解ができません。

この時間帯を狙って取引するEAも少なくはないと思うので、そのようなEAを使用している顧客を排除しようとしているのか、それとも本当に毎日のメンテナンスをしないとその他の時間の取引にも影響がでるような状況が発生しているのか、その真意は良くわかりませんが、せっかく新しい仕様のMT4を導入してこれまで排除してきたスキャルピングを容認するなど、悪評が絶えなかったODLが顧客のニーズに対して前向きに向き合う姿勢を示してくれたように思っていただけに大変残念です・・・。

ただでさえ、将来的にレバレッジが規制されることになった国内のブローカーから、そのような規制を受けない海外のブローカーに顧客の目が行っている状況なのに、それ以外の点でも明らかな不便さが出てくるようでは、ますます海外ブローカーでの取引に魅力を感じ、人々が流れていくと思うのですが・・・。
  1. 2009/11/23(月) 22:25:49|
  2. ODL関係
  3. | コメント:11
前のページ 次のページ

Visitors since Apr. 2008

オススメ情報

推奨国内VPS:CPI

推奨国内VPS:使えるねっと レンタルサーバーなら使えるねっと

推奨米国VPS:SWVPS SWVPS.png

推奨英国VPS:SWTECH SWTECH.png

EA月額レンタル:fx-on.com システムトレードポータルサイトfx-on.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ぼなんさ

Author:ぼなんさ
MT4のEA開発を始めました!
プログラミングは素人なのでオリジナルを作るだけの能力はありません。
開発というよりは改良の方が正しいかもしれませんが、いろいろと勉強しながら良いパフォーマンスのEAを作って行きたいと思います。
めざせMT4自動売買でがっちり!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MT4・自動売買関連リンク

このブログをリンクに追加する

各種ランキング参加中

シストレナビ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 FX
人気ブログランキング
FXブログランキング
ポプログ人気fxブログランキング
FXブログランキング
FXランキング
外為ランキング
CoRichブログウォッチ!
マネポケブログランキング!
先物・為替・投資サイトランキング
FXランキング
ランキングウェブ
有名ブログランキング
FXランキング

RSSフィード

リスクについて

・FX取引(外国為替保証金取引)は、元本が保証された取引ではありません。
・レバレッジにより大きな利益が得られる可能性がある反面、取引開始後、ご自身にとって為替レートが不利な方向に変動した場合は大きな損失を被るリスクがあるのでご注意ください。
・FX取引をなされようとする場合は、ご自身でリスクをご理解し、十分にご検討されるようお願いします。
・本ブログに掲載している情報はFX取引やその他、投資に関する勧誘、助言などでありません。
・掲載された情報をご利用される場合は、ご自身の責任として頂きますよう、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。